舐めても投げても大丈夫!赤ちゃんにオススメの布絵本。

布
布絵本とはその名の通り“布で出来た絵本”です。
生後間もない赤ちゃんが触っても、壊れることもなく、また舐めたりしてもすぐに洗濯することが出来ます。
生まれて間もない赤ちゃんに、可愛い絵本を読んであげたいと思うお母さんの心に応えた素晴らしい玩具といえるでしょう。

そこで今回は、そんな“布絵本”に着目し、そのメリットについて解説するとともに、おススメの布絵本を紹介したいと思います。

布絵本とは?

はてなマーク
冒頭に記載したとおり、布絵本とは“布で出来た絵本”のことです。
中に“パリパリ”と音のなる紙が入っているもの、「ガラガラ」のように振ると音がするもの、また飛び出す絵本のようなしかけがあるものなど、その種類は様々です。

布絵本のメリットは?

メリット
布絵本のメリットは、なんと言っても幼い赤ちゃんに持たせやすいこと。
赤ちゃんに絵本を読んであげたいと思っても、まだ生後間もない赤ちゃんでは、すぐに口に入れたり、投げたりしてしまうため、紙の本では扱うことが出来ません。
しかし布絵本ならそんな心配はないでしょう。
舐めてもすぐに洗える。また、投げても床に衝撃を与えることがありません。
反対に投げると音がする、掴むと音が鳴る、などの効果があるものもあり、赤ちゃんは喜んで遊んでくれることでしょう。
楽しい絵本の世界を理解するにはまだ早いかもしれませんが、可愛い絵柄を見るだけで赤ちゃんは嬉しいもの。
お母さんとのスキンシップをはかる道具にもなり、大変重宝する玩具です。

おススメの布絵本

それでは、おススメの布絵本を紹介したいと思います。

フィッシャープライス めくってモー!おでかけ布えほん

めくってモー!おでかけ布絵本
高価な絵本が多い中で、比較的安価な布絵本です。出産祝いで貰うと嬉しいとの声も多く、お母さん方に人気があります。
小さなウシさんが絵本の中をおさんぽしながら、おともだちに出会うゆかいなお話しです。
小さな扉をめくると、赤ちゃんの大好きな見つけっこ遊びができるカラフルなやわらか布絵本。
いろいろな布の感触も楽しめます。ミニサイズなのに10ページもあり読み応えたっぷり!

ベビラボ アンパンマン しかけいーっぱい 布えほん

ベビラボアンパンマン
子供たちが大好きなアンパンマンの布絵本です。
アンパンマンというのは、まだアニメを見たことがない赤ちゃんでも何故だか笑顔になってしまうキャラクター。
触るとカシャカシャと音がなる素材で出来ているため、赤ちゃんも大喜びで遊びます。また立てかけることも出来るため、まだ“ねんね”の赤ちゃんにも読み聞かせることが出来るのも嬉しい造りです。

エリック・カール はらぺこあおむし どこでもソフトブック

はらぺこあおむし どこでもソフトブック
子供たちもお母さんも大好きなベストセラー「はらぺこあおむし」の布絵本です。
つるつる、ふわふわ、と色々な感触を楽しめるほか、めくる・つまむなどの仕掛けも施されており、指先のトレーニングにも繋がります。
カラフルな色合いがとても綺麗で、見ているだけで幸せな気分に。
絵本のようなページ数はありませんが、絵本のきっかけ作りには最適です。

まとめ

以上のように“布絵本”について解説させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
絵本は子供たちにとって大切なおもちゃ。
その導入部に是非布絵本を取り入れ、絵本好きの子供に育ててみたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします