ゆる~い笑いに思わず脱力してしまう絵本★5選

ゆる~い笑いに思わず脱力してしまう本を集めました。毎日忙しいママ達が、読み聞かせタイムにホッと癒されますように!

しろくまのパンツ - 1、2才~

紙がパンツの形に切り抜かれていて、次のページのパンツ柄だけが見えているという仕掛け本。これ、誰のパンツかな?と想像しながらページをめくるのがとっても楽しい本です。

tupera tupera
ブロンズ新社 (2012/09)

内容(「BOOK」データベースより)
しろくまさんのパンツがなくなっちゃった。いったいどんなパンツかな?―。

おやすみゴリラくん - 2、3才~

眠る前に「どうなっちゃうんだろうね?」と話しかけながら読み聞かせするのにピッタリな絵本です。管理人のおじさんが眠ってしまった後のホンワカしたエンディングに癒されます。

ペギー ラスマン (著), Peggy Rathmann (原著), いとう ひろし (翻訳)
徳間書店 (2015/3/12)

内容紹介
夜の動物園で管理人のおじさんが、動物のオリを見まわります。「おやすみ、ゴリラくん」「たのしいゆめみなね、キリンさん」と、動物たちに声をかけてまわります。うしろをこっそりついてきた、いたずらもののゴリラくんが、管理人さんのポケットからカギ束をこっそり抜きとり、動物たちのオリを開けてまわったから、さあ大変! 動物たちは、つぎつぎオリをぬけだして…? シンプルなおもしろさで大人気の絵本が、手に取りやすいミニブックに!

いいからいいから - 3才~

「えーっ!この状況でその落ち着き?」とびっくりしてしまうほどスローなおじいちゃんに脱力しちゃう一冊です。

長谷川 義史 (著)
絵本館 (2006/10)

内容(「BOOK」データベースより)
あるひのゆうがた。かみなりがゴロゴロなった。ぴかっとひかって、ドーンといった。きがつくと、めのまえにかみなりのおやこがすわってた。おじいちゃんがいった。「いいから、いいから。せっかくきてくださったんじゃ。ゆっくりしてください」ぼくもいった。「ごゆっくり、ごゆっくり」―「いいから いいから」このおじいちゃんのおおらかさ。肩のちからがぬけていきます。ゆたかな笑顔が生まれる絵本。

どうするジョージ! - 4、5才~

笑えるというテーマからちょっと外れるのですが、「叱らない育児をしたい」と奮闘するお母さんが、肩の力を抜いてお子さんと接するために是非読んでいただきたい本です。やっちゃいけないと言われたことを、あれもこれもやってしまうジョージ。さあ、どうやって挽回する?

クリス ホートン (著), Chris Haughton (原著), 木坂 涼 (翻訳)
BL出版 (2014/12)

内容(「BOOK」データベースより)
いぬのジョージにハリスがいいました。ちょっとでかけてくるけどいいこにしていられるかい?ぼくはいつでもいいこだよ。だいどころでも…ねこがいても…。ほんとにジョージはいいこ…かな?世界10か国以上で翻訳された大人気絵本。

パンダ銭湯 - 3、4才~

パンダが銭湯に行きました、さあ、何を脱ぐ?
大人もゲラゲラ笑ってしまうような、ほんわかした笑いが大人気の本です。

tupera tupera
絵本館 (2013/8/15)

出版社からのコメント
ポップな色の魔術師tupera tuperaが描くパンダ! !

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: