どんな風に読めばいの?子どもと楽しむ!絵本のススメ

3753
子どもには絵本を読んであげるのが大切!
と言われるけど、どんな本をどのように読んでやればいいのか、これでいいのかと悩んでおられる方も多いと思います。
そんな方のために、今回は絵本を読んであげる際のヒントをご紹介したいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

1.「~しなければいけない」という気持ちは捨てる! 一緒に楽しむ!!
3753-2
「本好きの子供に育てなければいけない」
「子供の情操教育のために読まなければいけない」
「できるだけ上手に読まなければいけない」という「~しなければいけない」という気持ちは捨てましょう。
あくまでも絵本は、親と子が一緒に楽しい時間を過ごすためのツールです。
一冊の本を親子で読んで、時間を共有し、感情を共有すればいいだけの話なんです。
ストーリーをちゃんと聞かせようとか、こんな風な感情を持たせようとか、将来本好きにしよう、と考えても思った通りにはなりません。
力を抜いて、子どもと一緒に楽しみましょう。

2.読む本に迷ったら、長く読まれている本を選んでみよう
3753-2
いったいどの本を読んでやればいいのかと思うことも多いと思います。
最近は、新聞にも絵本の書評がたくさん載っているし、書店や図書館から、あるいはネット上にももたくさんおすすめ絵本の情報が出ています。
そういったところで目についた新しい本を読むのもいいですが、ぜひ、あなたが子供のころ読んでもらって大好きだった絵本や、子供のころからずっと親しまれている本を選んでみましょう。
長く残っている本は、それだけ各時代の子供たちがみんな好きだったいい本に違いないのです。
図書館の書架にそんな本を見つけたら手に取ってみましょう。
とても懐かしい気持ちになって、あなた自身が絵本を楽しむ気持ちになると思います。

3.子供の好きな本を何度でも読んであげましょう
3753-3
絵本は子供の好きな本を読んであげましょう。
読ませたい本ばかり読む、のは親のエゴというもの。絵本は楽しみであるという点からも本人が気に入るものを読んであげてください。
何冊か親が選んであげて与えたとしても、その中から最終的に読む一冊は、本人に選ばせてあげましょう。
また、子どもは同じ本を読みたがるもの。「永遠のマンネリ」が大好きなのです。
親は飽きたとしても、何度でも読んであげてください。
たまには違った本を読んでほしいな、と思ったら、親が違う絵本を読んでいる姿を見せるのもいいそうです。
「何を読んでいるの」と興味を持ってその本を読んでみたくなるそうですよ。

絵本を親子で楽しむヒントになったでしょうか。
絵本は子供のもの、と侮るなかれ、大人も十分楽しめて、時には感動のあまり大泣きします!
ぜひ、子どもと一緒に楽しんで、子育て中の良い思い出にしてくださいね!!

▼こちらもおすすめ!
※創造力や考える力が身に付く!絵本のススメ!
※0歳赤ちゃん向け!赤ちゃんが喜ぶ絵本とは??
※初めての読み聞かせにオススメな絵本3点!


関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします