頻繁に起こる赤ちゃんのしゃっくり。どうして?いつまで?止め方について。

産まれたばかりの赤ちゃん
生まれて間もない新生児の赤ちゃん。
気づくと頻繁にしゃっくりをしているように思いませんか?
ひっくひっくとしている時の赤ちゃんの表情は、なんとも可愛らしくもありますが、あまりにも頻繁に繰り返すので、少し心配になってしまうお母様もいらっしゃるのではないでしょうか?

それでは今回は、赤ちゃんのしゃっくりとその原因。
そして、止め方やいつごろまで続くのかについて考えてみたいと思います。

しゃっくりの原因

原因は?
それではしゃっくりは何故起こるのでしょうか?
それは大人も子供も同じく、横隔膜が痙攣しているからです。
そして、赤ちゃんの横隔膜は、当たり前のことですがまだまだ未発達。
大人以上にちょっとした刺激ですぐに痙攣を起こし、ひっくひっくと波打ってしまいます。

それでは、どんな刺激で赤ちゃんはしゃっくりを起こすのでしょうか?

気温や室温の変化

温度計
赤ちゃんはちょっとした温度の変化にも敏感です。
特に寒さを感じたとき、しゃっくりを起こすことが多いでしょう。
しゃっくりを起こした場合は暖めてあげる他、白湯などを飲ませると良いときがあります。

オムツが濡れているとき

赤ちゃんのお尻
気温や室温以外にも赤ちゃんを冷やしてしまう原因として、オムツの濡れが考えられます。
赤ちゃんがしゃっくりを起こしたときは、まずはオムツを確認してみましょう。
そして濡れているようであれば交換し、濡れていないようであれば抱っこなどで暖めてあげると良いでしょう。

ミルクと一緒に空気を飲んでしまったとき

対策
特に哺乳瓶を使用している赤ちゃんに多いのが、空気を飲み込んでしまった事が原因のしゃっくりです。
哺乳瓶は 45 度の角度で飲ませるようにし、赤ちゃんになるべく空気を飲み込ませないよう工夫しましょう。
中には空気抜きの穴の付いた乳首を使用できる哺乳瓶などもあります。

母乳やミルクなどを飲んだ刺激

ミルクを飲んだ時
大人もお腹いっぱいになると胃が重たくなります。
それは赤ちゃんも同じこと。ミルクやおっぱいをたっぷり飲めば、胃が刺激を受け、痙攣を起こすこともあります。
かならず授乳後はゲップをさせてあげるようにし、後は暫く様子を見てあげれば良いでしょう。

赤ちゃんは苦しいの?

苦しいの?
さて、赤ちゃんはしゃっくりをする時、苦しいのでしょうか?
赤ちゃんに直接聞くことは出来ませんが、赤ちゃんはほとんど苦しくないと言われています。
そして赤ちゃんというのは、お母さんのお腹の中にいる時からしゃっくりをしています。
妊婦期に時々お腹が波打った事がありませんか?
あれは胎内で赤ちゃんがしゃっくりをしていたため、起こっていたのです。
しゃっくりは自然現象であるため、暫くすればすぐに止まります。
さほど神経質にならなくても大丈夫だと言えるでしょう。

いつまで続くのでしょうか?

それでは、頻繁に起こる赤ちゃんのしゃっくりはどのくらいまで続くのでしょうか?
それは成長の速度により固定差がありますが、離乳食が始まる6ヶ月頃までといわれています。
ただ、それ以降も子供の身体というのはまだまだ未発達で、成長過程であることには変わりません。
一歳を過ぎてもしゃっくりを繰り返す子がいても全く心配ないといえるでしょう。

しゃっくりの止め方

うちの子はしゃっくりが出ているときに何かを口に入れるのは嫌がって飲みませんでした。そのため別の方法はないか?といろいろ試してみたのですが、その結果以下の方法でしゃっくりを止めることができました。

1.げっぷをちゃんとさせる

ミルクや母乳のあと、げっぷのさせ方が中途半端だとしゃっくりが確かに起こるので、ちょっとしつこいというくらい背中をとんとんしてあげてげっぷが出るまで続けました。優しくとんとんとリズムを付けて軽くとんとんするだけで十分です。

2.足の裏をくすぐる

げっぷもちゃんと出したのにしゃっくりが出始めたら、足の裏はこしょこしょくすぐるとそちらに意識が集中して気が付けばしゃっくりが止まることも多かったです。うちの子は大喜びでしたが、お友達の赤ちゃんはそれをやるとギャン泣きしてしまったので、赤ちゃんによっては嫌がる子もいるのでちょっとお試ししてみてからのほうが安心です。

3.体を温める&おむつを替える

しゃっくりの原因である「冷え」を解消します。おくるみでくるんであげたり、抱っこしたり、さすってあげると冷えが改善されて横隔膜の痙攣が抑えられます。

まとめ

赤ちゃんの頻繁なしゃっくりというのは、自然現象であり、全く心配がないことがお分かりになられたことと思います。
赤ちゃんの身体は、未発達。身体も小さければそこにある臓器もまだまだ成長過程です。
そして、月齢が過ぎ、身体が徐々に出来上がってくれば、しゃっくりも自然と消えて行きます。可愛い赤ちゃんの成長、ゆっくりと見守ってあげたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします

キーワード: