赤ちゃんの咳が気になる・・・風邪?乾燥?その種類と症状とは??

ばいきんとマスク
赤ちゃんというのは、割と頻繁に咳をします。
しかし、それが頻繁に続いたり、また咳の音が異常だったりすると、親としてはとても心配になるものです。

今回はそんな「赤ちゃんの咳」について、咳の種類やそれから考えられる病気のケース何度について考えてみたいと思います。

赤ちゃんの咳が「コンコン」→「ゲホゲホ」→「ケンケン」となるまで

苦しそうな赤ちゃん
咳には、軽い物からウィルス感染や喘息に至るまで、種類がいくつかありますので、みていきましょう。

赤ちゃんの咳が“コンコン”と言う軽い咳の場合

それでは、まず、“コンコン”と言う軽い咳の場合について考えてみましょう。

これは、風邪の初期症状、もしくは空気の乾燥である場合が考えられます。
風邪の初期症状である場合は、一先ず様子を見て、酷くなるようでしたら病院に連れて行くようにしましょう。
また、咳以外にも鼻水の状態なども見ることが重要です。

そして、空気の乾燥による場合も、乾燥が風邪を悪化させることもありますので、加湿器を置いたり、濡れたタオルを干す等し、部屋の湿度を保ってあげる事が大切です。
点線

赤ちゃんの咳が“ゲホゲホ”と言う咳

風邪が悪化し、“ゲホゲホ”と言う痰が絡んだ音になった場合は、注意が必要です。

赤ちゃんは、痰を上手く吐き出すことが出来ないため、痰が肺のほうに溜まり、気管支炎や肺炎を起こすことがあるからです。
鼻水の状態、また熱の状態なども注意深く観察し、心配な曜であれば、かかりつけ医に診てもらうようにしましょう。
点線

赤ちゃんの咳が“ケンケン”と言う咳

“ゲホゲホ”が“ケンケン”に変わったら、これは要注意です。

ケンケンと言う咳は、犬吠様咳噺と呼ばれており、処置が大切です。
すぐにかかりつけ医に診て貰うようにしましょう。

※犬吠様咳噺とは…
犬吠様咳嗽(けんばいようがいそう)とは、「キャンキャン」のような、犬の鳴き声のような咳のことであり、主に小児に見られる。
クループ(咽頭ジフテリア、急性声門下咽頭炎など)が発症した際に見られる症状で、上気道が炎症を起こして腫れ上がることで咽頭狭窄が起こり、生じる。
重症化すると呼吸困難に陥る恐れもある。
出典:看護用語辞典 ナースpedia

赤ちゃんの咳がウィルス感染の場合

ばいきん
赤ちゃんが掛かりやすい病気の中には、咳を伴うものがいくつかあります。

RSウィルス

これは、2歳までにほとんどの乳幼児がかかると言われているウィルスで、多くの場合38~39度の発熱と咳が続きます。
そして、その中の25~40%の乳幼児が気管支炎や肺炎を起こすと言われています。
赤ちゃんの咳が酷く、また急な発熱があった場合は、ウィルス感染を危惧し、すぐにお医者様に見てもらうことが重要です。
点線

アデノウィルス

アデノウィルスは俗に“プール熱”と呼ばれており、夏のプールの時期に発症することが多いとされているウィルスです。
RSウィルスと同様に高熱を伴うため、早い段階での受診が必要です。

共に、抗生物質が効かない病気ではありますが、喉の炎症を抑え痛みを取るなどの処置をして貰うことになります。
また、急な発熱は熱性痙攣の引き金ともなりますので、注意深くお子さんの様子を観察するようにしてください。

喘息である場合

病院
赤ちゃんの咳の音が“ヒューヒュー”“ゼイゼイ”と言う音の場合、小児喘息である可能性を疑いましょう。

しかし、喘音がすると言っても、気管支炎や急性肺炎などの病気であることも多いため、まずは素人判断をせず、病院で調べて貰うことが重要です。
病院でも一度の診断で喘息と判断されることはありません。
また喘息の原因であるアレルギー要素を調べる必要もあるため、長期的な治療が必要となります。

まとめ

以上のように、“咳”とは、赤ちゃんの身体に何らかの異変が起きている前兆であることが、よくあります。

ただの空気の乾燥である場合、風邪の初期症状である場合は、ご家庭での対処でなんとかなるかもしれません。
しかし、その音が徐々に変化し、酷くなった場合には、何らかの病気である可能性もあるため、注意が必要です。

いかがでしたでしょうか。
参考にしていただけますと、幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします