あれ?赤ちゃんの爪が丸まってる?心配な巻き爪の原因と対処法。

赤ちゃんの足
赤ちゃんの足の爪を切ろうとして、「あれ?爪の先が曲がってる」と思ったことはありませんか?
ただ内側に丸まっているだけでなく、両端が足の肉に食い込んでしまっていたり、割れていたり。
見るからに痛そうで、可哀想な事もあるでしょう。
この赤ちゃんの「巻き爪」。
一体何が原因なのでしょうか?
今回は、この巻き爪の原因と対処法について考えてみたいと思います。

赤ちゃんの巻き爪の原因は?

赤ちゃんの足
赤ちゃんが巻き爪になる一番の原因は「深爪」です。
赤ちゃんの爪というのはまだ薄くて柔らかいため、ちょっとの衝撃で変形してしまいます。
まだ歩き方が上手でない場合、床につま先を当ててしまうだけで、爪が内側に撒いてしまうこともあるでしょう。
そのため、兎に角短く切りすぎないよう気をつけることが大切なのです。
爪切りは赤ちゃん用のはさみを使うよう心がけ、またちょっとの爪きりの場合はやすりを使用してあげると良いでしょう。

次に巻き爪の原因となるのが、合わない靴を履いていること。
赤ちゃんは口が利けませんので、「靴が痛い」と伝えることが出来ません。
新しい靴を買うときは、必ず試着をし、つま先に余裕があることを確認した上、購入するようにしましょう。

巻き爪の痛みについて

爪切り
赤ちゃんの爪が巻いているとき、痛みはあるのでしょうか?
これは、ただ巻いているだけのときは、痛みはありません。
しかし大人と同じように、爪が肉に食い込んでいたり、割れてしまっているときは痛みがあります。
赤ちゃんは「痛い」とは言えないので、爪の割れている箇所を引っ張って余計酷くしてしまうこともあるでしょう。
爪が巻いて痛いときは、爪の周りの肉が赤く腫れていることもあるので、注意が必要です。
早い段階でお医者様に相談するなど、対処するようにしてください。
テーピングで爪の圧迫を防ぎ、巻いている部分を乖離する方法を教えてくれることもあります。
また、正しい爪の切り方を教えてくれる先生もいらっしゃいます。

巻き爪の対処法

赤ちゃんの足
まずは、靴のサイズを確認すること。
そして、爪を短く切り過ぎないように気をつけることが大切です。
基本は白い部分を1ミリほど残して、角が丸くならないようにして切ること。
赤ちゃんの遺伝的な「巻き爪」でない場合は、爪の切り方だけで改善されるケースがほとんどです。
また、爪も徐々に厚く強くなるため、成長と共に徐々に良くなっていくでしょう。
それでも巻き爪が良くならない場合は、一度皮膚科のお医者様に相談されると良いでしょう。

まとめ

大切な赤ちゃんの足。赤く腫れていたり、爪が食い込んでいる姿を見るのは、親としても辛いものです。
しかし、赤ちゃんの足を守ってあげられるのはお母さんだけ。
靴のサイズや爪の切り方で改善されることが多いため、お母さんは赤ちゃんの足を詳しく知ることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします