赤ちゃんに青いあざが!蒙古斑とは何か、対応法は?

赤ちゃん
赤ちゃんって、たいていどこかしらにあざがあることが多いですよね。
でもこのあざは消えるのか残ってしまうのかなど心配になってしまうのがパパやママです。
あざにはいろいろな種類がありますが、比較的多いのが蒙古斑と呼ばれるものです。
蒙古斑について、どのようなものなのか、消えていくのか、どうすればいいのかなど蒙古斑についてご紹介いたします。

蒙古斑とはなにか?

クエッションマークの雲
日本人のような黄色人種にはお尻の部分に生まれつき青いあざを持って生まれる赤ちゃんがほとんどです。
黄色人種にはほぼ必ずありますが、徐々に消えてなくなりますから心配はいりません。
しかし、青いあざが出来る場所は四肢や隊幹部に出来る場合もあり、その場合は異所性蒙古斑といって通常型の蒙古斑よりも消えにくいという特徴があります。
母親の胎内でメラニンを生成するメラノサイトが表皮に出ていくことができずに真皮にとどまってできるあざです。
人種の違いによっても蒙古斑の発生率は異なります。
男女では特に発生する確率に違いがないので女の子でも男の子でも誰でもできる可能性があります。

蒙古斑はいつまで続くのか

電球のイラストと手
あざがあったら、お尻でも気になりますよね。
いったいいつ消えるのかということですが、たいてい通常のお尻にできた青い蒙古斑は5歳から6歳で消えてなくなります。
早いお子さんは3歳くらいで消えますし、消えなくても3歳くらいには青いあざはほんの少しになってきますので全く気にならなくなるでしょう。
小学生になる前にはほぼ消えてなくなりますので、小学校で青あざのせいで何か言われるという心配はしなくていいでしょう。
ただし、消えないあざもありますので、その場合は治療で消すことも可能です。

蒙古斑がいつまでも消えない時には

お医者さん
小学生になってもはっきりしたあざが残っていて、以前とほぼ変わらずにあざがある場合はまずは皮膚科に相談しましょう。
手足や体に青いというよりは茶色っぽい感じのあざがある場合はレックリングハウゼン病が疑われます。
遺伝性の病気なので、まれに神経や目や脊髄などに異常がでたりする場合もありますから、すこし普通の蒙古斑の青色のあざと違うなと思った場合は6歳以下でも皮膚科の専門医に観て頂いた方が良いでしょう。
生活に支障もなく、全く問題のないあざでも見た目が気になる場合は、皮膚科でレーザー治療をしてもらうことで薄くなったり消えたりまします。
ただ、レーザー治療は多少痛みがともないますので麻酔を使った治療になることもありますから、あまり目立たないのならもう少し大きくなってからでもいいかもしれません。
最近のレーザーは性能がいいので綺麗に消えることがほとんどですよ。

蒙古斑は通常型なら全く心配はありませんし、日本人なら誰しもがあるものです。
あまり心配しないで、赤ちゃんの特徴ということで少し様子をみて見守っていってもいいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします