ホントに病気?熱があるのに走り回る2~3歳児との過ごし方

体温計
子供って、すぐに熱を出しますし、一気に体温が上昇します。
熱を測ると39度近いことなんてザラにあります。
大人だと39度も熱が出るとぐったりだるいですよね。
でも子供って意外と元気で熱が出ても走り回っていたりします。
そんなときはどんなことをして1日過ごせばいいのか悩みますよね。

今回は熱を出しても元気な2~3歳児との過ごし方についてご紹介致します。

元気でも外遊びは控えましょう

控える
子供って熱があってもけろっとしていることも多いです。
例えばインフルエンザにかかっても、予防接種をしている場合などはすぐに見た目的にはよくなってしまうこともあります。
でもそれは症状が軽かっただけで実際にはまだまだインフルエンザの菌はいるわけです。
インフルエンザでなくても他の病気でも同じことが言えます。
まだ完全に治りきっていないその状態で外遊びをすると突然また具合が悪くなったり、免疫力は下がっている状態なので2次感染を起こす可能性もあります。
また、外へ出ることで他の人に移してしまう事もあるので外出は控えましょう。
自宅にお庭があればお庭遊びは気晴らしにいいでしょう。

遊びは、ちょっとしたおやつづくりなどがおすすめ

パンケーキ
元気だと病気であってもなかなか1日中お家でじっとしているのは大変です。
子供よりもママが大変になってしまうことも・・・。
1日中相手していたら家事が進みません。
そんなときにおすすめなのが、お料理です。
特に子供の好きなおやつやランチを手作りすると時間もたちますし、子供も楽しめますし、食育にもなりますからおすすめですよ。

難しいことはいりません。
牛乳を入れて冷やすだけで出来てしまう市販のプリンのもとを使ってプリンを作ったり、ホットケーキミックスを使ってパンケーキを焼いたり、粘土遊びに近いクッキーづくりは男の子でも楽しめます。
こうすると、ママは遊んであげながらおやつとおひるごはんの準備も出来ちゃいます!
胃腸が弱っているときには、消化の良いスープを温めて、その中にパンをポンポン入れてぱんがゆも子供は大好きです。
パンは食パンで子供と一緒に型抜きをすると楽しめますよ。

元気でもお昼寝と早寝をさせよう

子供 早寝
3歳近くなるとお昼寝をなかなかしない子供もいますが、やはり熱があるという事は免疫力が下がっていますから、ママが添い寝してお昼寝タイムを作りましょう。
万が一眠れなくても横になって居るだけで体はやすまりますから。
大好きなぬいぐるみや、絵本をいくつか持ってお昼寝をすると、ママが絵本を読んでいる間に寝てしまう事が多いです。
夜もなるべく早く寝るように促します。
やはり元気でも体は弱っているので眠くなるはずです。睡眠をとることで病気も早く良くなります。
元気になったら○○しようねと楽しみを考えながら寝るといいですよ。

元気でも熱があるという事は、ゆっくり休ませないと突然悪化することもあります。
けれども小さい子供にずっとおとなしく寝ていてもらうことは難しいですよね。

そんな時は、家でおとなしくできる遊びを取り入れながら静かにすごせる工夫ができるとイイですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします