発熱中・体調が悪い子供の食事はどんなものがいい?

寝ている赤ちゃん
小さな子供はしょっちゅう熱を出しますよね。
体調がすぐれない時にはどんなものを食べさせればいいのか悩んでしまうママも多いでしょう。
無理にでも食べさせた方がいいの?それとも食べなくてもいいの?そんな疑問が出ますよね。
小さな子供が、具合が悪い時の食事についてご紹介致します。

病気の時の食事の基本は水分補給

ミネラルウォーター
病気などで食欲があまりない時には無理に食べさせなくても大丈夫です。
無理に食べさせようとすると、嘔吐してしまったり、消化不良で下痢になってしまうことや、機嫌が悪くなってしまう事もあります。
しかし、大事なのは水分補給です。
これはどんな病気にかかっても水分補給はしっかりとっておかないといけません。特に嘔吐や下痢をともなう胃腸炎などの病気や発熱は体から水分がどんどん奪われていきますので、こまめに水分補給をしましょう。
水でなくていいです。麦茶や湯冷まし、番茶、リンゴ果汁、野菜スープ、味噌汁などです。
薬局やスーパーで乳児用イオンドリンクが売っていますので利用してもいいでしょう。
嘔吐や下痢の時には柑橘系の果物はお勧めしませんのでリンゴ果汁がいいでしょう。
一気に飲めなくてもスプーンで少しづつでも与えて下さい。

消化の良い食べ物を食べさせましょう

おかゆ、離乳食
病気の時には胃腸炎でなくても、胃や腸は弱っています。消化の良いものを与えましょう。
例えば、おかゆ、うどんのくたくた煮、湯豆腐、白身魚、卵などです。
水分が多いもの、冷たすぎないもの、さっぱりしたものなどを食べさせるといいですよ。
さけたい食べ物は食物繊維が豊富なものや脂っこいものです。胃腸を刺激してしまうのでいけません。
子供が進んで食べたがるものであれば、胃腸を刺激してしまうからといって、なんでもダメとは言わずに少しは食べさせてあげると精神的にも元気になるでしょう。

離乳食中の赤ちゃんは1段階固さや大きさを戻しましょう

おかゆを食べる赤ちゃん
離乳食中の赤ちゃんで、後期離乳食や完了食に入っている赤ちゃんでも、病気の時には胃腸に負担をかけないように、離乳食の段階を1段階前のものに変えましょう。
少し小さめにするとか、煮込んで柔らかくするなどです。
離乳食を始めたばかりの赤ちゃんなら、母乳やミルク中心に戻して、少しづつおかゆを与えるくらいでいいでしょう。
元気になればまた通常のものに戻してかまいませんが、様子を観ながらにしましょう。

病気や熱の時はとにかく水分補給が肝心です。
そのほかは子供の様子を観ながら調整していきましょう。
心配な場合はかかりつけの医師に相談してみるのもいいですよ。
その時には絶対必要なものと食べてはいけない物を聞いておくといいでしょう。
お薬の飲み合わせがある場合も聞いておきましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします