予防接種の時期や種類ってどんなもの??

注射器
予防接種は、赤ちゃんにとって病原菌・感染から守る為であり、罹患した場合は重症化するのを防ぐ為に実施されるものです。
予防接種をする事で、病態に対する安全と心身の負担を軽減する事にも繋がっていきます。

小児学・予防接種ガイドラインに沿って、各予防接種の種類や時期、回数等を、看護師をしていたママよりご紹介いただきます。

予防接種とは?

クエスチョンマーク
予防接種とは、ワクチンを接種して免疫を作る事により、発病を予防したり症状を軽くしたりする方法です。

我が国では、予防接種法が制定されており、法律によって接種を強制(義務接種)するという形で予防対策がとられています。
その目的として、「ウイルス・最近による感染症の予防する事、個人が免疫を獲得でき伝染病の流行を阻止する事、社会全体の伝染病の流行を阻止する事ができる事」とされています。

ワクチンの種類と接種間隔は?

注射器
ワクチンには3つの種類があります。
代表的な疾患と、次の接種を行うまでの間隔をご紹介いたしますので、ご参照ください。

生ワクチン

1.特徴
生きた病原菌の毒素を弱めて作り、その疾患に罹患した事に近い免疫を獲得させるもので、身体の中で増やして免疫を作ります。

2.代表的な疾患
ポリオ・麻疹・風疹・BCG・水痘があります。

3.接種間隔
27日間以上、間隔をあけて次の予防接種をします。

不活化ワクチン

1.特徴
病原体を殺し、免疫を作るのに必要な成分を取り出して毒性をなくしたもので、何回か接種して免疫を作ります。

2.代表的な疾患
日本脳炎・ワイル病・インフルエンザA型・百日ぜき等があります。

3.接種間隔
6日間以上、あけて次の予防接種をします。

トキソイド

1.特徴
外毒素を無毒化したトキソイドは、抗体を誘導する比較的、安全なワクチンです。
細菌が産生する毒素だけを取り出して、毒性を弱めたものを何回か接種して免疫を作ります。

2.代表的な疾患
破傷風・ジフテリア等があります。

3.接種間隔
6日間以上、あけて次のワクチンを接種します。

定期接種と任意接種とは?

クエスチョンマーク
定期接種とは、法律によって定められている予防接種です。
一方、任意接種は個人の身体の状態・体質・考え等によって予防接種をするか・しないかを選択する事ができます。
なお、新生児・乳幼児には子宮頸がんのワクチン接種は早いですが、一覧として載せていますので、ご参照ください。

定期接種

Hib(インフルエンザ菌b型)
小児用肺炎球菌
B型肝炎(水平感染予防)
DPT-IPV(ジフテリア・百日ぜき・破傷風・ポリオ)※1
IPT(ポリオ)
BCG
MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)
麻疹
風疹
日本脳炎
子宮頸がん

※1 法律による定期予防接種(勧奨接種)の対象疾病として、ジフテリア・百日ぜき・破傷風・ポリオ・麻疹・風疹・日本脳炎・結核・インフルエンザが挙げられています。

任意接種

B型肝炎(母子感染予防)
ロタウイルス
水痘
おたふくかぜ
インフルエンザ

予防接種ガイドラインに則った各予防接種とは?

BCG予防接種を受けた赤ちゃん
以下に法律(小児学・予防接種ガイドライン)による定期予防接種と、任意の予防接種についてご紹介いたします。
赤ちゃん・乳幼児・学童期と幅が広いですが、定められているものなので、参考までに全てご紹介いたします。

定期予防接種

1.ジフテリア・百日ぜき・破傷風
●DPTワクチン
[対象年齢/標準的な接種年齢/回数/間隔/方法]
・1期初回:生後3~90ヵ月/生後3~12ヵ月/3回/3~8週/皮下注射
・1期追加:生後3~90ヵ月/1期初回接種(3回)後/1回/3~8週/皮下注射
・1期初回接種(3回)終了6ヵ月以上の間隔をおく/12~18ヵ月/1回/3~8週/皮下注射

・2期:11、12才/小学校6年/1回/3~8週/皮下注射

●DTワクチン
[対象年齢/標準的な接種年齢/回数/間隔/方法]
・1期初回:生後3~90ヵ月/生後3~12ヵ月/2回(沈降)・3回(液状)/4~6週(沈降)・3~8週(液状)/皮下注射

[対象年齢/標準的な接種年齢/回数/方法]
・1期追加:生後3~90ヵ月/1期初回接種後、12~18ヵ月/1回/皮下注射
・1期初回接種終了後6ヵ月以上の間隔をおく、1期初回接種後12~18ヵ月/1回/皮下注射

・2期:11、12才/小学校6年/1回/皮下注射

2.ポリオ
[対象年齢/標準的な接種年齢/回数/間隔/方法]
生後3~90ヵ月/生後3~18ヵ月/2回/6週以上/経口

3.麻疹・風疹
MR混合ワクチン
[対象年齢/標準的な接種年齢/回数/方法]

・第1期:生後12~24ヵ月/1回/皮下注射
・第2期:5~7才未満/小学校就学前の1年間にあるもの/1回/皮下注射

4.日本脳炎
[対象年齢/標準的な接種年齢/回数/間隔/方法]
・1期初回:生後6~90ヵ月/3才/2回/1~4週/皮下注射

[対象年齢/標準的な接種年齢/回数/方法]
・1期追加:生後6~90ヵ月/4才/1回/皮下注射
・2期:9~13才未満/小学校4年生(9才)/皮下注射

5.結核(BCG)
[対象年齢/回数/方法]
生後6ヵ月未満/1回/経皮

6.インフルエンザ
[対象年齢]
・65才以上の者
・60才以上65才未満のものであって、心臓・腎臓・呼吸器の機能またはヒト免疫機能に障害を有するものとして厚生労働省令で定められているもの

[回数/方法]
1回/皮下注射

任意予防接種

1.インフルエンザ
[対象年齢/回数]
13才未満/2回
13才以上65才未満/1~2回
65才以上/1回

[間隔/方法]
1~4週(3~4週が望ましい)/皮下注射

2.おたふくかぜ
[対象年齢/回数/方法]
1才以上の未罹患者/1回/皮下注射

3.水痘
[対象年齢/回数/方法]
1才以上の未罹患者/1回/皮下注射

4.B型肝炎
[目的・対象者/回数/間隔/方法]
●母子垂直感染防止/3回/通常、生後2・3・5ヵ月/皮下注射
対象者…HBe抗原陽性の母親から生まれたHBs抗原陰性の乳児

●HBe抗体陽性キャリアの母親から生まれたHBs抗原陰性の乳児/3回/通常、生後2・3・5ヵ月/皮下注射

●ハイリスク者/3回/1ヵ月間隔で2回、その後5~6ヵ月後に1回/皮下注射
対象者…医療従事者、腎透析を受けている者

まとめ

予防接種で、赤ちゃんはもちろんのこと、お母さん・家族の皆が安心して過ごせる事ができます。
また、仮に罹患しても症状の重症化が防げる事で、赤ちゃんの心身の負担・疲労が大幅に軽減できる効果もあります。

ワクチン接種にあたって、赤ちゃんの体調が優先ですが万一、体調不良や今回は見送りと医師に判断される事を前提に考慮して、早め早めの予防接種が大切です。

なお、育児・家事の合間に、お母さんの予定や都合より4~5日、早くても支障はないです。
むしろ、風邪をひく前・インフルエンザ等の感染源に罹患する前に接種しておく事をお勧めします。

例えば、予防接種を予定している頃に風邪をひいてしまって、接種が延期になります。
やっと風邪が治ったと思った矢先に、流行りのインフルエンザに罹患してしまう赤ちゃんもいます。
このような状況では、インフルエンザの予防接種を打たない状態で、インフルエンザに罹患した事になってしまいます。
そういった事を防ぐためにも、予防接種は必要なのです。

いかがでしたでしょうか。
参考にしていただけますと、幸いです。

▼こちらの記事もおすすめ
※生後2ヶ月から予防接種デビュー!接種スケジュールのポイントは?
※赤ちゃんの予防接種。発熱・腫れは副反応?予防接種の失敗談も

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします