骨盤ケアで予防しよう。妊娠中、産後は座骨神経痛になりやすい。

女性の足
妊娠中は、重いお腹をかばいながら歩くことで、知らず知らずのうちに腰に負担がかかり、腰痛に悩む人が多いもの。
また、産後は、骨盤の開き、赤ちゃんの抱っこなどが原因となり腰に痛みを感じている人も多いことでしょう。
しかし、腰痛とは腰の痛みだけではなく、坐骨神経痛の原因にもなります。
「腰から足に掛けて痛みや痺れを感じる」場合、坐骨神経痛を発症しているのかもしれません。
今回は、妊娠中・産後の“坐骨神経痛”に焦点を当て、解説したいと思います。

坐骨神経痛ってなに?

困っている女性
お尻から足に掛けて、痛みや痺れを感じる症状を“坐骨神経痛”と呼びます。
腰からつま先にかけて走っている坐骨神経が圧迫されることで起こるといわれており、主に腰痛が原因となります。
酷い場合は、歩くたびに痛みが走り、歩行が困難なこともあります。

妊娠中、産後は坐骨神経痛になりやすい?

困っている女性
前述の通り、妊娠中というのは重いお腹をかばいながら歩くため、知らず知らずのうちに腰に負担がかかります。
またお腹が大きくなることで、骨盤にずれが生じることも腰を痛める原因となるでしょう。
そして産後は、出産によって起きた骨盤のずれと、赤ちゃんの抱っこや、授乳時の無理な体勢などが重なり、腰痛を起こしやすいとも言われています。
坐骨神経痛の原因は“腰痛”であることが多く、妊娠中や出産後の女性の殆どが悩んでいる症状だと言えるでしょう。

坐骨神経痛の防止、対策は?

人差し指と電球
それでは坐骨神経痛にならないようにするには、どうすればよいのでしょうか?

妊娠中

妊娠中の場合は、お腹の重みが腰の負担にならないように“とこちゃんベルト”をすることをおススメします。
“とこちゃんベルト”は腰の負担を減らすだけでなく、腰のゆがみなどを抑えてくれるため、産後の腰痛ケアにも効果的です。
また、妊娠中は、血行が悪くなるため、坐骨神経痛が悪化することもあるでしょう。
適度なストレッチと、マッサージ、また半身浴などで下半身を温めると良いでしょう。
そして、横になって休む場合は、坐骨神経を圧迫しないよう、横向きで寝転がることをおススメします。

産後

産後の坐骨神経痛は、骨盤のゆがみが大きな原因です。
そのため、まずは骨盤の矯正を行うことをおススメします。
産院などで紹介されている骨盤矯正体操も良いですが、体操することすら辛いという場合は、無理せず、整骨院での治療を行うと良いでしょう。
最近では、保険が使用できる整骨院が増えているほか、「産後ケア」を謳った専門医なども多く紹介されています。
慣れない育児のつかの間のリラックスタイムにもなりますので、是非利用されてみると良いでしょう。
また、抱っこや授乳による無理な大切も腰痛の原因となります。
痛みを感じる場合は無理せず、家族の協力を得たり、バウンサーを利用するなどし、少しでも負担を減らすようにすると良いでしょう。
産後の骨盤ベルトも、腰痛軽減にはとても効果的です。

まとめ

以上のように、妊娠中・産後の“坐骨神経痛”についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
神経痛と言うのは人から理解されにくいことも多く、ついつい痛みを我慢し、無理をしがちになります。
しかし、無理をすることで“坐骨神経痛”を悪化させ、歩くことすら出来なくなる人がいるのも事実。
痛みを感じたら無理せず、体を休めてあげることが重要です。

▼こちらの記事もおすすめ
ウエストを締めるのは逆効果!産後ダイエットに重要な『骨盤の矯正方法』教えます。|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします