大人になるまで長引いちゃう!?気管支喘息の原因や予防法をご紹介!

マスクをする子供
年々、増えていく気管支喘息になる子供が増えています。
そして、毎年、多くの乳幼児、学童期の幅広い子ども達が気管支喘息に悩まされています。

気管支喘息を持っている人は、大半がアトピー体質の人に多く、持病の気管支喘息とアトピー性皮膚炎を併せて発症している子供が多いのも特徴です。

また、子どもだけではなく成人になっても長年、悩まされているのも現実です。

その気管支喘息とは何か?なぜ起こるのか?
どのようにしたら、症状・病態を悪化しないかを、看護師をしていたママよりご紹介いただきますので、ご参照ください。

気管支喘息とは?

クエスチョンマーク
小児気管支喘息は、90%近くが3歳までに発症する慢性疾患です。
長期治療を必要として、成人になってからも持病として持っている方もいます。
その為、気管支喘息を患った子供・家族が共に治療へ対する具体的な計画を考え取り組む事が大切になってきます。

気管支喘息の定義・診断・病状

日本曽爾アレルギー学会がまとめたガイドラインの定義では、「小児喘息は発作性に笛声喘鳴伴う呼吸困難を繰り返す疾患で、発生した呼吸困難は自然ないし治療によって軽快・治癒しますが、極稀に致死的である」とされています。
ポイントとして、呼気性喘鳴、呼気延長、多呼吸、肩呼吸、気座呼吸、陥没呼吸、チアノーゼといったエピソードが反復してみられる事です。

気管支喘息になるきっかけ

90%以上の小児喘息がアトピー型で、そのほとんどがヒョウダニに感作(生体に特定の抗原を与え、同じ抗原の再刺激に感じやすい状態にすること)されています。
気管支喘息になるきっかけは、ヒョウダニに次いで、花粉、ペット、真菌の順になっています。
アレルギー性疾患や喘息の家族歴は、小児喘息発症の危険因子となっています。
また、喘息児はアレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・アトピー性皮膚炎等のアレルギー疾患を合併しやすくなります。

気管支喘息をひき起こす原因

1.アレルギー体質
2.不規則な生活習慣・リズム
3.繰り返す風邪
4.過剰な運動
5.温段差
6.ハウスダスト、ダニ、ほこり

子供が気管支喘息になった場合、親として行うことは?

疑問に思う女性
気管支喘息は、長く付き合っていかないといけない病気である為、生活全体面や心身ストレス面をチェックしながら改善傾向にもっていけるようにする事が大切になってきます。

その為、気管支喘息にかかった子供に対して、症状・病態の悪化防止に努め、当人や家族が安心して生活できる事が最良です。

生活全般に対して行うこと

1.保育園・幼稚園・学校を欠席させない。
2.スポーツ・体育も含めて、日常生活を普通に過ごす。
3.昼夜を通じて、症状(喘息発作)が無い状態にする。
4.肺機能がほぼ正常(医師による肺機能検査で、ほぼ正常範囲)な状態にする。
5.ピークフロー値(十分息を吸い込んで思いっきり早く吐き出したときの最大の息の速さ)が安定しているようにする。
6.発作止めの薬の使用量が少なくなるか、又は必要としないようにする。

気管支喘息の子供に対して、親が行うケアは?

指さしする女性
子供が気管支喘息を発症した際に、親が行うケアをご紹介いたしますので、ご参照ください。

発作を起こした時の対応

観察しながらも適切な対応が求められてきます。
呼吸に関する症状は、心身共に恐怖感が強く消費するエネルギーも多く疲労にも繋がってきます。

1.呼吸状態を把握する
*大きなポイントとなるもの
「発作をいつ・何時頃、起したのか」、「発作の頻度」、「発作数日間の全身状態」、「発作を誘発させるエピソードについての生活面と精神面」です。
これら上記を念頭に置きながら、下記を観察していくと発作の分類が明確に把握でき、問診や診察時に伝える時や実際の治療にも役立ってきます。

*観察事項
・どのような呼吸をしているか:陥没呼吸(息を吸うと同時に胸の一部がへこむ症状)、呼気延長(息をはくのが長引く呼吸)
・チアノーゼの有無:四肢や口唇
・日常生活の動作:安静時か活動時か
・会話:スムーズに話しができるのか、息切れしながら休みながら話しをするのか等
・睡眠状態:苦しさから睡眠の質・時間・量が減っていないか
・咳や痰:呼吸だけではなく咳・痰の有無

2.呼吸困難の緩和
・衣服を緩めて、呼吸が安楽にできるファーラー位、起坐位(座った姿勢)をとります。
・乳幼児では、ベッドをギャッチアップ、抱っこ(縦抱き)して上体を起こすようにします。
・可能なら複式呼吸を促します(赤ちゃんは困難です)
・室内の温度・湿度を調整します。
・痰の喀出を促す(医療機関での実施が多いですがネブライザー、吸引、体位ドレナージです)

3.水分の補給
・気管支分泌物を軟化させて、痰を出しやすくするよう努めます。
・脱水症状の予防・改善を図ります(摂取困難時は点滴が行われます)

4.薬剤に関して
・エピネフリン・アミノフィリンは、心筋刺激作用がある為、吐き気・嘔吐・動悸・異常呼吸等の副作用に気をつけます。

5.不安の除去
・子供を1人にしないでください。
・精神的ストレスが症状を悪化させるので、可能な限り側に居て付き添ってください。
・安心感を与えるよう接する事に努めます。

発作を起こしていない時のケア

次の発作が起きないように努める事で、大人になって気管支喘息の発症がなくなる方もいらっしゃいます。

1.発作誘因の除去
・規則的な生活リズムの習慣をつける。
・感染から防御するよう手洗い・うがい、マスク着用を実施する。
・接種可能な予防接種については、接種しておく(インフルエンザ等)。
・適度な運動をして、心身の状態に応じて調整する。
・室内では温度差をなくすよう、温度調整して努める。
・定期的に掃除や乾燥機、日干し、空気清浄機等を使用して清潔を心がける。
・ストレス発散法を見いだしておき、それを実行しストレス発散する。
※家族の喫煙も誘因となる為、できれば禁煙にされると効果が高まります。
同時にぬいぐるみはダニが非常に多い為、可能なら置かないのがベストです。

2.心身の鍛練
・発作予防の為に、喘息体操、水泳、乾布摩擦、呼吸法(音楽療法・管楽器・歌)、複式呼吸、体力をつける事が推奨されています。
・自立心を養うように、日頃から少しずつ仕向けていきます。
・可能な年齢の場合、痰を出す方法を教え練習させておきます。

把握しておきたい小さい子供の呼吸

あくびをする赤ちゃん
成人と違う呼吸器系の構造や機能について、把握しておくと発作を起こしにくいようにケアしたり、発作時に冷静に対応できたりします。

呼吸運動

1.新生児・乳児は、複式呼吸です。
2.2歳頃になると、筋肉・胸郭が発達してきて肺重量も増加し胸式呼吸が加わります。
3.3~7歳頃になると、複式呼吸と胸式呼吸の併合型呼吸が可能になります。
4.7歳以降~成人になると、肋骨の発達によって胸式呼吸へなります。

構造

1.未発達な肺、肺胞の数も少なく1つの肺胞の大きさも小さいです。
2.肺容積に対する期間内径の比率が成人より大きい為、病原菌の侵入が容易で感染しやすいです。
3.気道が狭い為に、鼻がつまりやすい・咳が出やすい特徴があります。
4.胸骨・肋骨・肋間筋が未発達です。
5.肝臓が大きくて横隔膜が高位にある為、呼吸できる面積が小さいです。

機能

1.成長・発達に伴う新陳代謝が盛んで、成人の2倍の換気量を必要としますが、1回の肺器量は少ないです。
よって、「一生懸命、呼吸しなければならない状態」にあります。
2.細胞に酸素を提供し、老廃物を取り除くガス交換の予備能力が小さい為に、速やかに呼吸困難に陥りやすいです。
よって、「呼吸不全になりやすいという特徴」があります。

総合的な呼吸状態

小さい子供は、構造的・機能的特徴から、気道が狭く閉塞しやすく、粘膜の浮腫・痰・異物等の狭窄によって、喘鳴が生じやすくなります。
また、咳の喀出力が小さい為、咳の回数が多くなって、その結果、安樂な呼吸ができにくい状態になります。同時に、速やかに呼吸困難に陥り生命の安全が脅かされる危険を生じます。


今回は、大人になるまで長引きやすい気管支喘息について、ご紹介いたしました。
気管支喘息についての知識として、参考にしていただけますと、幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします