子どもの歯磨き何歳まで一日一回でいいの?乳児期の歯磨きは永久歯に影響する!子どもの歯磨きについて

歯を磨く女の子
昨今、乳児期の口腔ケアが永久歯に影響することが分かり、乳児期の歯磨きが重要視されるようになりました。
保育園や幼稚園などでも“虫歯ゼロ”を目標に、「子供の歯磨き」に力を入れているところがあると各メディアでも採り上げられています。
しかし、子供の歯磨きとは言っても、何をどのように頑張ればよいのか良く分からないというお母さんも多いのではないでしょうか。
そこで今回は「各年齢別の“子供の歯磨き方法”」について解説して行きたいと思います。

0歳の歯磨き

寝ころがってこちらを見る赤ちゃん
個人差はありますが、最初の乳歯が生え始めるのは生後6ヶ月から9ヶ月の間といわれています。
そのため、初めての歯磨きは、前歯が生え始めた生後6ヶ月から9ヶ月の頃に始めると良いでしょう。
しかし、赤ちゃんの生まれたての乳歯は大人の歯のようにごつごつしておらず、まだ滑らかな状態です。
そのため、初めの頃は、授乳後に白湯を飲ませるくらいで十分だといわれています。
そして、赤ちゃんが「授乳後は口をゆすぐ」と言う動作になれ始めたら、徐々に次のステップ「歯をぬぐう」ことに進んでいくと良いでしょう。
「歯をぬぐう」のは、濡らしたガーゼでも構いません。
各メーカーから出されている「ハミガキナップ」を使用するのも良いでしょう。
授乳後の赤ちゃんの歯を、優しくなでてあげるだけで良いので、軽くさっと拭いてがるようにしてください。
この「歯をぬぐう」目的は、赤ちゃんに「歯磨きの習慣をつける」ことにあるため、無理やごしごしと拭く必要はありません。
口の中に何かを入れられる違和感に少しずつ慣れてもらうためにも、嫌がったらすぐにやめる様にすることが重要です。

1歳の歯磨き

歯ブラシ
1 歳を過ぎると、前歯上下4本の歯が生え揃い始めます。
その頃になったら少しずつ本格的な「歯磨き」の練習を始めましょう。
最初の頃は、ただ加えるだけのゴム製の“歯固め”を使用すると良いでしょう。
授乳後の赤ちゃんの口に“歯固め”を入れ、軽くカミカミさせる習慣をつけさせてあげるようにしてください。
歯磨きには、飲み込み防止用のプレートが付いたものを選ぶと良いでしょう。
また、歯磨きは、歯ブラシを持ったままハイハイなどが出来ないよう、お母さんの膝の上で行うようにしてください。

1歳半の歯磨き

歯を磨く女の子
前歯上下4本に加え、入臼歯が生え揃い始めたら、次はいよいよ“歯ブラシ”の練習です。
乳児用の軟らかく小さな歯ブラシを選び、最初は1日1回寝る前の歯磨きから始めるのが良いでしょう。
初めはお子さんに自分で磨かせ、最後にお母さんが“仕上げ磨き”をするようにするとスムーズに行くようです。
まずは、お子さんが「歯ブラシ」を口に入れることになれること。そして、お母さんに磨かれても嫌がらないようにすることが重要です。

2~3歳の歯磨き

歯を磨いている親子
奥歯が生え揃う2歳になったら、“朝”“昼”“晩”の3回、食事の後には歯を磨く習慣をつけさせるようにしましょう。
保育園などに通っており、昼の歯磨きは難しいという場合は、“朝”“晩”の 2 回でも構いません。
食事をしたら歯を綺麗にすることを習慣付けると良いでしょう。
また、この頃から「歯磨き粉」も徐々に使うようにしましょう。
必ず研磨剤の入っていない物を選ぶようにすることが大切です。

子供が歯磨きを嫌がったら

泣いている男の子
2~3歳はちょうどイヤイヤ期ということもあり、簡単に歯磨きをさせてくれないことも多いでしょう。
特にお母さんが行う“仕上げ磨き”を嫌がる子が多いのではないでしょうか。
そのときは、歯磨きの歌を歌ったり、歯磨きをさせるための動画を見せたりするなど工夫すると良いでしょう。
また、フルーツ味の歯磨き粉を使う、歯磨きタブレットを使用するなどするのも良いかもしれません。
子供自身が歯を磨いた後は、大げさなくらいに褒めてあげることも大切です。

まとめ

乳児期の口腔ケアは永久歯に影響するといわれており、その重要性が謳われています。
歯磨きが好きな子供と言うのは少なく、最初は暴れて嫌がることも多いでしょう。
またイヤイヤ期に入れば、その対応だけでも難しく、歯磨きをさせることをついつい億劫に思ってしまうお母さんもいることでしょう。
しかし、乳児期のケアが将来を左右するのは周知の事実です。
なるべく手をかけ、きちんとケアしてあげると良いでしょう。

▼こちらの記事もおすすめ
歯科衛生士に聞いた、イヤイヤ期の子供の歯磨きの仕方 | 子ある日和
乳歯から永久歯、生え変わりのサインは?カワイイ乳歯ケースも知りたい!

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします