これからの季節は注意!?プールで気になる『水いぼ』の原因と対策。

水遊びをしている女の子
これからの時期、幼稚園や保育園などでも水遊びが始まり、子供たちには楽しい季節となりますね。
しかし、ふと見てみると、子供の身体に白いぽつぽつが・・・
これってもしかして“水いぼ?”
と心配しているお母さんも多いのではないでしょうか?
水いぼは皮膚の接触により移るウィルスであるため、プールが始まる夏の時期に流行ると言われています。
そこで今回は「水いぼの原因と対処法」について解説したいと思います。

水いぼの原因と感染経路

ウイルス
それでは、水いぼは何故出来るのでしょうか?
それは冒頭にも記述しましたがウィルスが原因とされています。
水いぼの原因であるウィルスは「伝染性軟属腫ウィルス」と言うウィルスで、皮膚接触により感染します。
そのため、プールの水を介して移るわけではなく、プールの中でお友達と触れ合うことで感染したり、他のお友達が使用したビート板などを介して移ることがあります。

水いぼの症状

赤ちゃん
水いぼは1~5 mm 程度の半円状の突起です。
白い突起の中には、ウィルスによって変性した皮膚組織が含まれています。
痒みはありませんが、周囲に湿疹が出来たり、治りかけのときに痒みを伴う場合があります。
患部をかきむしると、いぼの中の皮膚組織が飛び出してくるため、手にウィルスが付着し、そこから更に他の部位へと移ります。

夏のプールはどうしたらよいか?

プールに入っている女の子
上記の通り、プールの水を介して感染するわけではないですが、肌が接触する機会が増えるため、夏の時期は広がることが懸念されます。
しかしながら、水いぼがあるからといってプールを禁止しているところは少ないのが現状です。
また、プールだけでなく、保育園や幼稚園の教室でも、十分感染する危険性はあると言えるでしょう。
そのため「水いぼが移ったら困るからプールに行かせない」また「水いぼが出来ているからプールに入れない」というのは、なかなか難しいと言わざるを得ません。

水いぼの治療・対処法

クエッションマークの雲
それでは水いぼが出来てしまったら、どうすればよいのでしょうか?

そのまま放っておく

水いぼは放っておけば1~2年ほどで勝手に治ってしまいます。
多くの小児科・皮膚科では「そのまま放っておけば治りますよ」といわれることでしょう。
また一度罹ると、二度目はないとされています。

ピンセットで取る

水いぼは放っておけば治りますが、見た目が悪いため、「取りたい」と思う親御さんも多いようです。
その場合は、小児科や皮膚科でピンセットを使用し取り除く方法があります。
しかしながら麻酔を使用するわけでもないため、かなりの痛みを伴います。
ピンセットで取り除く方法は、子供にとってはとても辛い治療法となるでしょう。

塗り薬

まず有名なのが「イソジン」です。
綿棒などにしみ込ませ、患部に直接塗りつけます。1週間ほどするとニキビのように、いぼの真ん中からいぼの芯が飛び出てきます。
これをプチュッと綺麗に出し、その後消毒してあげると良いでしょう。
また、同じような薬で「紫曇膏(しふんこう)」と言う軟膏もあります。

飲み薬

民間療法ではありますが、昔から「はとむぎ茶」はいぼに効くといわれています。
はとむぎ茶から作られる「ヨクイニン」と言う漢方薬もありますが、においや味が独特であるため、子供には飲みにくいかもしれません。

まとめ

以上のように「水いぼ」の原因と対策について解説いたしました。
水いぼは見た目が悪く、親としては罹って欲しくないウィルスの一つではありますが、集団生活を送る上では致し方のないことなのかもしれません。
水いぼが出来たら、他の方に移さないよう「かきむしらない」「絆創膏をはる」などの対応をすること、またいつかは勝手に治ると思い、神経質にならないことが肝心です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします