子供の歯並びが悪い。治したほうが良い?費用は?治療法は?

「子供の歯。上下の噛み合わせが逆な気がする」
そうは思っても、子供はまだ 2 歳。
「矯正っていつごろから出来るの?」「痛くないの?」「いくらぐらい掛かるの?」
と不安に思っているお母さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、“子供の矯正”に焦点を当て、歯科矯正が出来る年齢・方法・費用などについて解説したいと思います。

子供の歯科矯正

子供の歯科矯正。そもそも「乳歯でも矯正は必要なの?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、歯科矯正とは“歯並び”を治すことではありますが、実際は“顎の大きさを広げる”また“口の周りの筋肉の使い方を矯正する”ことになります。そのため、出来るだけ早い段階で矯正することで、その後の永久歯の歯並びをよくすることが出来る。また将来的に抜歯をする必要がなくなるなどのメリットがあると言われています。

歯科矯正は何歳から?

それでは、歯科矯正は実際に何歳から出来るのでしょうか?
まず、小児矯正には「第一期治療」と「第二期治療」の2種類があることを念頭においておきましょう。
「第一期治療」とは、乳歯だけ、もしくは乳歯と永久歯が混合した時期に行う強制のことを指します。これは、永久歯になった際に歯が綺麗に生え揃うよう顎の成長やバランスを調整する治療となります。
そしてこの治療は、 3 ~ 6 歳から始めることが出来ます。

また、「第二期治療」は、永久歯が揃った後に行う治療を指し、 6 ~ 10 歳の頃に開始することが多いと言われています。

歯科矯正は必要?

それでは、子供の歯並びが悪い場合、歯科矯正は必ずしも必要なのでしょうか?

歯並びが悪いと言うことは、見た目が悪いだけではなく、身体全体のバランスにも影響することがわかっています。
そのため、お子さんの発育のためにも歯科矯正は必要だと言えるでしょう。
また、歯並びが悪いと将来的に抜歯が必要になるケースが多く、そのリスクを避けるためにも早めの治療が好ましいとされています。
また思春期でのワイヤー治療はお子さん自身が嫌がることも多いため、治療が簡単な第一期での治療を推進している医院が多いようです。

治療の内容は?

第一期治療は上記の通り、永久歯になった際に歯が綺麗にはえ揃うための治療です。治療方法は、舌のクセを修正するトレーニングや、顎を広げるためのマウスピースを使用するといった内容となります。
そしてこれらを行うことにより、第二期治療を行う必要がなくなる、また第二期治療の期間を短くするなどのメリットがあります。
第二期治療ではワイヤーなどを使用しなくてはならなりませんが、これらの器具が必要ないことも、お子さんの負担を減らす良い面だと言えるでしょう。

治療の費用は?

それでは子供の歯科矯正にはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか?
それは、医師の診断や症状によっても大きく異なりますが、第一期治療で 20 ~ 60 万、第二期治療では 25 ~ 65 万必要だと言われています。
また第一期治療で終了するケースもあれば、第二期治療も必要となる場合もあり、最終的なコストについては個人差があると言えるでしょう。

まとめ

以上のように子供も歯科矯正について解説しましたがいかがでしたでしょうか?
歯並びが悪いと言うことは咀嚼や活舌にも影響します。
また見た目に関しても悪影響があるため、お子さんの将来を左右する問題ともいえるでしょう。
是非、お子さんが小さなうちに治療を開始し、負担が少ないうちに改善することをおススメします。

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします