幼児や赤ちゃんが夜突然起きて泣き叫んだり、パニックに ‐ 夜驚症(やきょうしょう)の原因と対策。

幼児や赤ちゃんが夜突然起きて泣き叫んだり、走り出したり、暴れたり、パニックになって、声をかけても聞こえていないような症状になることを夜驚症(やきょうしょう)と言います。

夜驚症(やきょうしょう)と夜泣きとはどうちがうのでしょう。

夜驚症(やきょうしょう)とは?

泣いている子供

夜驚症は、幼い子供によく見られる睡眠障害の一種です。

専門的には「睡眠時驚愕症」といいます。

症状としとは、夜中に突然目を覚まし 泣き叫んだり、パニックに陥り 泣きじゃくりながら部屋の中を落ち着きなく歩き廻ったりすることもあります。

心拍数が上がったり 呼吸が浅くなったりすることもあります。

これは 不安や恐怖に襲われた時には夜驚症に限らず起きる症状でもあります。

症状が出ている時にはお子さんは何を言われても聞こえない場合が多いので、症状がおさまるまで背中をさすってあげたり肩を抱いて安心させてあげることが一番です。

夜泣きと夜驚症の違い

泣いている子供

よく赤ちゃんが夜泣きをするということがありますが、 これは睡眠が浅い時に起きる症状で、部屋を明るくするなどして 起こしてあげると泣き止むことがあります。

これに対して夜驚症は深い睡眠状態から急激に目覚める症状であり、脳の一部が覚醒することで起きる症状です。

眠ってから三時間の間に発生することが多いのは その時間帯に深い睡眠状態になるためです。

夜驚症が起きる原因とは?

夜

夜驚症が起きる原因としては 人間の感情のコントロールを司る 大脳辺縁系が活発になって起きると言われています。

睡眠時に大脳辺縁系が活発になるのは脳の機能が未発達段階であるといわれており、成長すると自然に治るのは そのためです。

また、夜驚症の症状が起きている時は 大脳辺縁系は活発に活動していますが、他の部分は覚醒していないため、声をかけても聞こえないのです。

更に原因の一つとして 恐怖感を伴う経験から 起きるのではないかともいわれています。

人間の脳は恐怖感というのは最も脳に刻まれやすい感情であり、 睡眠時に脳の一部(大脳辺縁系)が覚醒した時に真っ先に思い浮かぶのが恐怖体験なのではないかという説もあります。

夜驚症を改善する対策

眠る赤ちゃん

お子さんが恐怖体験をしたことがある場合には、そのようなことはもう起きないと認識させてあげることで夜驚症の症状が起きる頻度が減ったというケースもあるようです。

恐怖体験などが思い当たらない場合には、自然治癒を見守るという手段もあります。

多くの場合、成長課程において 自然に治るものなので、心配し過ぎないでください。

ですが、お子さんの夜驚症があまりに頻繁であったり、ご家族の睡眠不足に影響したりする場合には、小児科や小児神経科、精神科の中でも睡眠障害を専門にしている病院に行かれてみるのも 改善する対策の一つです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします