インフルエンザワクチン、いつ頃までの接種がベスト?

毎年冬になると猛威を振るうインフルエンザ。

流行し始めるとあっという間に広がってしまうことから、幼稚園・保育園でもワクチンの接種が推奨されています。

しかし、冬と言うのは他の風邪も流行しやすく、予防接種を受けようと思ってもなかなかスケジュールどおりに進まないこともあるでしょう。

そこで今回は、インフルエンザの予防接種に注目し、いつ頃までに接種するべきか、またその効果はどのくらい継続するのかなどについて考えてみたいと思います。

1. インフルエンザとは?

インフルエンザとは、一般的な風邪とは異なり「インフルエンザウィルス」に感染してから1~3日の潜伏期間を経て発症する感染症です。

特に冬に流行る感染症として知られており、日本では、毎年11月~12月頃に始まり、翌年1月~3月に減少する傾向があるとされています。

症状としては、
・38度以上の高熱
・関節痛、筋肉痛、頭痛など
・全身倦怠感
・食欲不振

などが挙げられますが、咳や喉の痛み、鼻水などの「呼吸器症状」、腰痛や悪心(吐き気)などの「消化器症状」を伴うこともあり、また重症化することで肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)へと繋がるケースもあります。

2. インフルエンザの予防について

それでは、インフルエンザを予防するにはどうすればよいのでしょうか?

まず、インフルエンザウィルスは、飛沫感染・空気感染・接触感染を感染経路としています。

そのため、「うがい・手洗い」の徹底が最初の予防手段となるでしょう。

しかし、いくら「うがい・手洗い」を徹底したといっても、特に冬場は空気が乾燥しており、ウィルスが浮遊しやすいため、感染を完全に防げるわけではありません。

そのため、更なる予防手段として、インフルエンザワクチンの接種が推奨されています。

インフルエンザにはA型・B型・C型がありますが、主に流行するにはA型とB型といわれています。

そして現在のインフルエンザワクチンでは、A型2種類・B型2種類の計4種類のワクチン株を使用しています。

なお、インフルエンザ予防接種の効果は、接種後2週間~5ヶ月間とされています。

3. インフルエンザの予防接種、いつまでに?

日本では、インフルエンザは例年12月~3月に流行し、1月~2月にそのピークを迎えます。

13歳未満の子供の場合、インフルエンザの予防接種は2回接種と定められており、また2回目の接種は、1回目接種から2~4週間空ける事が望ましいとされていることから、ワクチン接種は、10月の中旬~下旬までに1回目を摂取し、12月の初旬~中旬までに終えることが望ましいと考えられます。

年末年始は人に合うことも多く、年内に予防接種を済ませたい!という場合はすぐに医療機関に相談してみてくださいね。

特に子供の場合、風邪を引きやすく、予防接種のスケジュールが思い通りに運びにくいことから、余裕を持って計画されると良いでしょう。

4. 予防接種における注意点

ナース

インフルエンザの流行時に病院を訪ねることで、インフルエンザウィルスを貰ってしまう危険性はあります。

そのため、予防接種を受ける際は、予防接種専用の時間帯を利用する。また予約可の医療機関を選ぶなどの注意が必要です。また医療機関に行く際には、必ずマスクを着用すること。またアルコール除菌をするなどの対策が重要となります。

なお、卵アレルギーを持っている場合、極稀に予防接種を受けられないケースもあり、その場合は、実際にインフルエンザに罹った段階で、タミフルの処方により治療する方法が用いられることもあります。

アレルギーをお持ちのお子さんの場合は、医師に相談の上、接種されると良いでしょう。

5. まとめ

赤ちゃん

以上のようにインフルエンザの予防接種について纏めましたがいかがでしたでしょうか?

大切なお子さんの健康を守るためにも、是非余裕を持ってワクチン接種の計画を立てることをおススメします。また、手洗い・うがいの徹底に勤め、家族で感染しあわないよう気をつけると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします