今年は風邪やウィルスを寄せ付けない!ガラガラ『うがい』が楽しくなるアイディア3選

kid0103-001-min

冬になるとインフルエンザ・RSウィルスなどの感染症に風邪などが心配!

予防のためは、手洗い・うがいを徹底することが重要ですね。

そこで、こどもにうがいを上手に教える方法、うがいを楽しむアイディアについてもご紹介したいと思います。

1.ガラガラうがいは何歳からできる?

ガラガラうがいをするためには、「喉を閉じる」と言う動作が必要だと言われています。

そして、その動作が出来るようになるのは、一般的には3歳頃だとされています。

「ぶくぶくうがい」から「ガラガラうがい」へ

最初は、口に水をため、ぶくぶくとする「ぶくぶくうがい」から練習を始め、徐々に口の奥に水をためガラガラとする「ガラガラうがい」へと移行します。

最初は水を口の中にためることができず、口から出してしまうことも多いでしょう。

そのため入浴中など、周囲を濡らしても大丈夫な環境で、練習することをおススメします。

また、ガラガラうがいが出来るようになるためには、口腔機能の発達が影響することから、出来ないからと言って叱ったりせず、子供の成長に合わせ、ゆっくりと進めてあげることが必要です。

2.ガラガラうがいを楽しく行うアイディア!

それでは、嫌がる子供に楽しく「ガラガラうがい」をさせるには、どうすればよいでしょうか?
以下に、楽しいうがいのアイディアを紹介したいと思います。

① 子供のやる気を引き出す「やる気ぼたん」を利用する!

出典:amazon

「やる気ボタン」と言う名の玩具をご存知ですか?

ほめる子育てで話題の先生が監修した、子供のやる気を引き出すための玩具「やる気ボタン」には、全部で50種類の褒め言葉が登録されています。

そしてその中の一つ「ただいまモードボタン」には、ただいまの後に行わなければならない、手洗い・うがいに関する褒め言葉が・・・

「ただいま!手洗い うがいする?」

「OKだったらメインボタンを押してね!」

「お手手を洗って、うがいをしよう、ボタンを押してスタート!」

そして、楽しげな音楽が流れ始めるという仕掛け。

子供が音楽や台詞に楽しみながら、手洗い・うがいが出来てしまうという素晴らしい商品なのです。

もちろん「やる気ボタン」を利用しなくても、OK!

例えば、お母さんのおへそを「やる気ボタン」に見立て、お母さんが褒めてあげても良いでしょう。

とにかく子供は、ゲーム感覚で褒めながら何かをするのが大好き。

楽しみながら手洗い・うがいをするよう、親が仕向けてあげることが大切なのです。

② うがいの歌を歌おう

うがい

ガラガラうがいをしながら、歌を歌ってみましょう。

一番のおススメの歌は「かえるの歌」。

親が率先して歌ってあげることで、子供は大笑いしながらうがいをし始めることでしょう。

また、ガラガラをしながら歌を歌うことは、ガラガラうがいの良い練習にもなるでしょう。

③ 天井にうがいの絵を貼ろう!

うがい

歯医者さんの中には、うがいをする洗面所の天井に「うがいの仕方」の絵を貼っているところがあるようです。

うがいをするときは必然と上向きになりますので、絵を見ている間にいつの間にか「ガラガラうがい」を楽しく終えることが出来る、と言う戦法。

是非、これを真似して、自宅に子供が大好きなポスターなどを飾ってみてはいかがでしょうか?

3. まとめ

以上のようにうがいを楽しむアイディアについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

手洗い・うがいを上手にゲームに変えるなど、楽しみながら行うことを心がけると良いでしょう。

是非家族で手洗い・うがいを徹底し、風邪に負けない、健康で健やかな冬を過ごしたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします