自分は大丈夫?「産後うつ」症状・予兆を知って、いつでも危険サインに気づきたい。

赤ちゃん

「産後うつや育児ノイローゼに気を付けて」と言われても、実際どんな症状が出たら「これが産後うつかも」と思えばいいのでしょう?また、鬱には予兆はあるのでしょうか。

そこで、産後うつのの特徴・実際の症状の体験談をご紹介します。

自分は大丈夫?とチェックするときの参考になさってくださいね。

「産後うつ」の主な症状

妊娠中や出産後は、うつ病が起こりやすい時期です。

産後のホルモンバランスの崩れ、また育児について相談する相手がいないことがストレスとなり、その症状が現れると言われています。

・子育てに自信が持てない

・赤ちゃんのお世話が面倒に思えてしまう

・赤ちゃんが可愛く思えない

・自分は母親失格だと感じる

・睡眠が十分とれない

・食欲がない・元気がない

情報提供:妊娠・出産に伴ううつ病の症状と治療(e-ヘルスネット)

産後うつ体験談

予兆はあったけれど、ある日突然起きられなくなった

朝、突然起きられなくなりました。熱や咳などの体調不良ありませんでした。

思えば、予兆はありました。まだ乳児の子供のお世話が億劫に思えるようになり、乳児のお世話だけはなんとかこなす日々で、育児を離乳に大人の食事もろくに作らなくなりました。

なんとなくやる気がおきないまま、毎日は過ぎ、ある日起きられなくなってしまいました。

そこで鬱であると自覚し、カウンセリングを受けることになりました。

もしや、と思ったら適切な相談窓口に相談されることをお薦めしたいです。

涙が止まらなくなって否定的な気持ちに

2人目だった事もあり、子育てに関してはなんの不安もありませんでした。

2人目の妊娠中から旦那と実母の仲が悪くなり私は板挟み状態になり、それがストレスになりました。

ある日、旦那が仕事に出かけたあと、急に不安に襲われ涙が溢れて止まらなくなり、赤ちゃんが泣いていても、赤ちゃんに母乳をあげている間も、「こんなお母さんでゴメンね」という否定的な考えしか浮かばなくなりました。

とにかく1人になるのが辛かったです。

そんな私に実母が気づいてくれ実家で暮らそうと言ってくれました。

家族みんなが情緒不安定な私を支えてくれたおかげで今は笑顔で過ごせています。

上の子も下の子もしっかり世話しなければという意気込みが引き金に

二人目の出産の時、「上の子がまだ小さくさみしい思いをさせてしまっている。上の子も下の子もしっかり可愛がって世話をしなくてはいけない」と思い込み産後すぐにうつの症状になりました。

自分の子育てに自信がなくなり、涙が止まらなくなったり、夜になるとすごく不安が押し寄せてきました。

私の場合は助産師さんに相談に乗ってもらいました。

その方は、いろいろなママや子供を見てきているだけあり、説得力があってとても楽になりました。そのおかげで、産後うつも長引かずにすみました。

いかがでしたか?

「育児が面倒になる」、「自分がダメな母親のような気がする」、、、「時々」であれば誰にでも起こることのように思います。

『これくらいは頑張って乗り越えよう』と思わず、つらいと思ったらすぐに専門の窓口や信頼できる人に頼ってくださいね。

▼こちらの記事もおすすめ
意外と多い、二人目産後うつ。その理由と対処法。|子ある日和
もしかして育児ノイローゼ?育児ノイローゼの症状とその対処法について。|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします