乳児は感染のリスクが高い?RSウイルス感染症ってどんな病気?予防と対策!

赤ちゃんの病気

RSウイルス感染症とは、約半数の乳幼児が1歳までに、ほぼ100パーセントの子どもが2歳までに一度はかかると言われている病気です。

0~2歳のお子さんや、本人や上のお子さんが保育園などの集団生活を行っているご家庭では、インフルエンザや胃腸炎と同様に、この時期チェックして気をつけておきたい感染症の一つです。

RSウイルス感染症ってどんな病気?

RSウイルス感染症は、毎年主に冬に流行する呼吸器の感染症です。

咳をはじめ、発熱や鼻水等風邪の症状に似ていますが、ぜえぜえと喉が苦しそうになったり咳きこんだり、重症化するとぜんそくや肺炎の症状が出るなど、呼吸困難・細気管支炎・肺炎に進展する可能性があります。

入院治療が必要なケースもあるため、早めの受診や十分な安静が必要です。

ご紹介したように、約半数の乳幼児が1歳までに、ほぼ100パーセントの子どもが2歳までに一度はかかると言われている病気です。そして、一度かかっても再発することのある病気です。

RSウイルスの感染経路と予防法は?

RSウイルスの感染経路は、飛沫感染と接触感染の2経路があるので、特に保育園等では感染者がでるとあっという間に広がります。

RSウイルス感染症には予防のワクチンはなく(※)、感染後の特効薬もありません。

予防法としては、ある程度の年齢になれば手洗い・うがい・マスク等が有効ですが、主にかかりやすい0~2歳位の子どもたちには、まだ難しいことばかりですよね。

・保育園や外から帰ったらママが手洗いをしっかりしてあげる

・冬場は必要以上に人ごみに子どもを連れださない

・きょうだいが感染したら部屋を分けたり消毒をこまめにする

・咳などの症状が現れたら早めに受診・検査をする(重症化を予防する)

・年長児や成人はRSウイルス感染症に感染して気づかない場合があります。咳をしている人とは、0歳児と1歳児との接触を避ける。

といった心がけが大切になってきます。

RSウイルスの検査方法は?登園はどうなるの?

RSウイルスは、小児科等の医療機関で検査キットにて15分ほどで検査ができます。粘液採取の方法なので、採血よりは子どもも抵抗が少ないでしょうか?我が子はインフルエンザと両方の検査を同時にしてもらえました。

陽性が出た場合、たとえ熱が高くなくとも保育園や幼稚園はお休みすることになります。無理をすると悪化してしまいますし、周りにうつしてしまいますからね。

しかし、「○日お休みをする」と定められた感染症ではないようです。各保育園の基準がある場合はそれに従い、医師の判断にて登園許可をもらう場合は、熱・咳・鼻水等しんどい症状がおさまったら再度登園許可証をもらいに受診し、許可が出たら登園という流れになります。

ちなみに2歳で初感染した我が子は、陽性が出てから3日目には治まり登園許可証をもらい、4日目から登園しました。

自宅での過ごし方 ~RSウイルス感染症による重症化を防ぐために~

RSウイルス感染症にかかった子どもは、多くは鼻のぐずぐずした症状から始まり、次第に39度前後の発熱と咳が出るようになってきます。我が子は運良く4日ほどで治まりましたが、特に月齢が低いと1~2週間症状が続いてしまうことも多いようです。

その間、自宅では、以下のようなことを心がけて過ごし、重症化しないよう見守ってあげたいですね。

・喉を潤し周りへの感染も防ぐため、加湿をしっかりとおこなう

・処方された薬をしっかりと飲ませ、医師の指示があれば従う

・食欲がなくとも、脱水症状にならないよう水分をこまめに与える。喉が痛かったり吐いてしまう等水分も摂れないようであれば、医療機関で相談する

・咳き込むことが多いので、布団に寝かせるだけでなく体を少し起こしてあげる等、子どもの楽な姿勢をとらせてあげる

・症状が落ち着いてきても、お部屋遊び等をしながら、しばらくは静かに過ごさせる

重症化を避けるために、特に感染しないように注意すべき人は…

RSウイルス感染症による重症化のリスクが高いお子さんは以下の条件となります。

・基礎疾患を有する小児
(特に早産児や生後24か月以下で心臓や肺に基礎疾患がある小児、神経・筋疾患やあるいは免疫不全の基礎疾患を有する小児等)

・生後3か月以内の乳児

ほぼ100パーセントの乳幼児がかかる病気とわかっていても、重症化することもある感染症に対してママは不安になりますよね。

特にRSウイルス感染症にかかった子どもはぜえぜえと苦しそうな呼吸になることが多く、見ているだけでも胸が痛みます。できる予防をしっかりとし、ママが「子どもの様子がおかしい」と思った際には早めの受診&安静を心がけてあげてくださいね。

※ 予防のワクチン:特別に必要な場合にはパリビズマブ製剤の投与を行うことがある。投与対象患者は下記サイトにて確認できます。

原稿協力:piyomama
保育士をはじめ、乳児~小学生の先生経験を活かして執筆活動中。便利なグッズや情報を探すのが好きな、1児(男の子)のママ。

▼こちらの記事もおすすめ
子供がマスクを嫌がらないコツ・おススメの子供マスク|子ある日和
今年は風邪やウィルスを寄せ付けない!ガラガラ『うがい』が楽しくなるアイディア3選|子ある日和

関連ワード:,

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします