ノロウィルス「家族内で感染してしまったら・・・」私が経験した対処法

子供

寒さが本格化し、空気が乾燥してくるこの時期は「ノロ」や「ロタ」といった言葉に敏感になっているママも多いと思います。

今年は、過去最高の感染スピードなどといわれている「ノロウィルス」ですが、家族の中で一人がなると、感染リレーと言わんばかりに次々順番に家族で嘔吐と下痢が始まります。

そうならない為には予防が一番なのですが、もし「家族内で感染リレーが始まってしまったら・・・」私が経験した対処法をご紹介します。

最初の感染は小学生のお姉ちゃん

我が家には小学生の姉妹と1歳の双子の兄弟がおります。

始めは小1の次女が夜中のお布団で嘔吐から始まりました・・・(4兄弟みんなで仲良く川の字に寝ています)

お布団も思い切って処分

お布団に枕、パジャマすべて処分しました。

その後下痢はありましたが、嘔吐することはなく水分だけとらせていました。翌日、学校から帰ってきた小2の長女が夕方嘔吐。

小学生になるとトイレでなんとか吐いてくれるので洗濯物が少なくて済みます。

壁や床は次亜塩素酸ナトリウムスプレーで除菌

でも、いくらトイレで嘔吐してもウイルスは流した時に飛散するそうなので、自作の次亜塩素酸ナトリウムを作り(後ほどご紹介します)毎回ラテックスゴム手袋とマスクをして、便器から壁、ドアノブなどを次亜塩素酸ナトリウムスプレーで除菌していました。

1歳の下の双子ちゃんにもノロウィルスが感染

乾燥と共にノロウイルスが飛散するのを防ぐには

その夜、夕食を食べていた双子が同時に嘔吐(いくら双子でも同じタイミングでしなくても・・)洋服はすべて処分し、汚れてしまったテーブルと床は拭き取る前にキッチンペーパーを被せてその上から大量の次亜塩素酸スプレーをふりかけ、しばらくしてから拭き取りました。

これも、汚物を処分する段階で、乾燥と共にウイルスが飛散するといわれている為です。

ある程度体力のある小学生と違い、赤ちゃんがノロウィルスにかかるととても重篤化します。

赤ちゃんの水分補給は経口補水液で

嘔吐と下痢を繰り返し、脱水や低血糖を引き起こしやすいので、お水やお茶ではなく、経口補水液の水分補給を5分ごとにスプーンひとさじずつ飲ませていました。(無い場合は、スポーツドリンクやお水に塩や砂糖をいれてもいいそうですよ)

次亜塩素酸ナトリウムの作り方

1、ご家庭で使われているキッチンハイターを用意します
2、500mlのペットボトルを用意します
3、ペットボトルキャップでキッチンハイター5杯分をペットボトルに入れます。
4、水を満タンに入れて、次亜塩素酸ナトリウム濃度0.1%が出来上がります。

※ペットボトルキャップ1杯のキッチンハイターだと、0.02%の次亜塩素酸ナトリウムが出来るので、衣類も変色することなく除菌ができ、一般的な消毒としても使うことが出来ますよ。

双子の嘔吐は2日くらいで収まりましたが、下痢は1週間程続きました。

部屋中の除菌と漂白・洗濯に、加湿器の活躍?で、主人と私にうつることはありませんでしたが、子どもたちのノロウィルスの感染リレー中は本当に本当に!大変でした。

そうならない為にも、手洗いうがい、加湿を心がけ、とくに小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は特に気をつけて、今後も感染者が増えていくであろうノロウィルスの猛威に打ち勝っていただきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします