子どもをむし歯から守る!おやつの与え方とは?

子どもの口の中にキラリと光る白い歯。
歯が生え始めると、むし歯にしないように頑張るママたちも多いのではないでしょうか。

けれど、むし歯予防について勘違いしているママさん、また溢れている情報に惑わされているママさんもたくさんいるのです。
今回はむし歯予防にとても大切なおやつの与え方について、歯科衛生士さんからご紹介いただきました。
記事:make-up-kaoriさん

■むし歯予防=歯磨きだけではない
2587
お子さんの歯がむし歯になってしまったというママさんに、むし歯になった原因は何だと思いますか?と聞くと大抵のママさんは「歯磨きがちゃんとできていなかったので…」と答えます。
けれど本当にそうなのでしょうか?
歯磨きや仕上げ磨きがきちんとできている小さいお子さんはほとんどいません。
毎日、毎食後時間をかけて仕上げ磨きができるほどの余裕があるママさんもほとんどいませんし、お子さん本人が完璧に歯磨きができるわけでもありません。
それでもむし歯になる子とならない子がいるのです。
これには様々な理由が考えられますが、小さいうちにむし歯になってしまったお子さんに共通して言えるのは、食生活、特におやつの内容に問題があるということです。
まずは歯磨きだけではむし歯を予防することはできないということを頭に入れましょう。

■おやつの回数は午前、午後一回ずつ
2345
ではむし歯にならないためにはどんなおやつの与え方にすればいいのでしょうか。
まず、おやつの回数を午前、午後一回ずつの1日二回以内と決めましょう。
むし歯は、口の中に長い時間糖分が入っているとリスクが上がります。
なので、おやつの回数が多かったり、好きなだけ与えたりしていると、むし歯になりやすくなってしまいます。
テレビを見ながら食べたりすることも長時間食べることになってしまいがちです。
おやつは時間を決め、長時間にならないように気を付けましょう。

■おやつは間食であって甘食ではない
2587_3
おやつ、と聞くと大抵の人は甘いものやお菓子を思い浮かべると思います。
けれど、子どもにとってのおやつは三食で摂りきれない栄養を補うものであり、あくまで間の食事なのです。
糖分は食事の中で十分摂ることができるので、おやつに甘いものやお菓子を与える必要はないのです。
糖分、特に砂糖はむし歯の原因になり、三歳以前に甘いお菓子を食べる習慣がついている子どもほどむし歯が多いと言われています。

おやつは砂糖の入っていない、おにぎりや芋類、とうもろこし、チーズ、無糖ヨーグルトなどがおすすめです。
水分補給は水かお茶類にし、ジュースやスポーツ飲料は控えましょう。
就園したり、友達と遊ぶ機会が増えるとお菓子やジュースを口にする機会も増えてきます。
なので、三歳まではお菓子やジュースを与えないよう心がけましょう。

いかがでしたか?
今回はむし歯予防についておやつの面からお話しました。
むし歯予防は歯磨きだけではできないのです。
心配なことがある場合は歯科医師、歯科衛生士に相談しましょう。


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします