歯磨きを嫌がる!大苦戦な赤ちゃんの歯磨き、対処法は?

2752_0
子どもが生まれ、首が座り、そしてはいはいをするようになる頃。

そんなときふと見ると口の中に歯が生えています。

歯が生え始めた喜びと、むし歯になったらどうしようという不安が入り交じるのではないでしょうか。

少しだけ顔を見せた可愛い前歯を虫歯から守るべく一生懸命歯磨きを始めるママさんも多いかと思います。

けれども、歯ブラシは赤ちゃんにとっては口の中に入ってくる得体のしれない異物。
なかなかうまくいかない、嫌がって抵抗するなど悩みは次々に出てきます。

そこで今回は歯が生え始めてからの初めての歯磨きについて、歯科衛生士さんから教えてもらいました!
是非参考にしてみてくださいね。

最初は遊び感覚で

2752_1
初めて歯磨きをする赤ちゃんにとって、歯ブラシはどんなふうに見えているでしょうか。
歯ブラシを見ただけで、歯を磨く道具であると理解できる赤ちゃんはまずいないでしょう。
なのでまず、歯ブラシは歯を磨くものであることや、毎日歯を磨く必要があることを理解させなければなりません。
けれど、言葉で伝えて理解できるものではないので、まずはお母さんが歯磨きしている姿をお子さんにも見せてあげましょう。
そして今度は子供用の歯ブラシを持たせ、口に入れる練習をしてみてください。
このとき、やらなければいけない、というよりもあくまで楽しく遊び感覚で行うことが大事です。
最初はきれいに磨くことよりも、毎日歯ブラシを口に入れる習慣をつけることが目標です。
お母さんと歯ブラシを交換して磨きっこをしたり、歌をうたいながら磨いたりなど、歯磨きを楽しい時間にしてあげましょう。

仕上げ磨きは寝かせて行う

2752_2
自分で歯ブラシを持つ習慣がついたら、お母さんが仕上げ磨きをする習慣もつけていきましょう。
仕上げ磨きは立ったままで行うのではなく、お母さんの膝に仰向けに寝かせて行います。
こうすることで頭が固定されるので、歯ブラシを喉の奥に突っ込んでしまったり不慮の事故を防ぐことができます。
そして仕上げ磨きもやはり少しずつ練習しながら習慣づけることが大事です。
最初は歯が一本でも磨けたら、たくさんほめてあげてください。
もし、泣いて嫌がるお子さんを無理矢理押さえつけて仕上げ磨きをしたならば、お子さんに恐怖心を植え付けてしまいかねません。
嫌がる場合は、できるところまでで構いませんので、少しでもできたらたくさんほめてあげることを毎日続けてください。
そうして少しずつできることを増やしていきましょう。

歯磨きができない間は砂糖を控えて

2752_3
歯磨きや仕上げ磨きは、一、二歳のうちはなかなか思うようにできない方がほとんどです。
それでもむし歯にならないか心配になると思いますが、歯磨きができない分、食生活に注意すればむし歯は防ぐことができます。
まず、砂糖の入ったお菓子やジュースは与えないようにしましょう。
そして、早寝早起きを心がけることです。
夜しっかり眠る子どもほどむし歯が少ないと言われています。
三食を中心とした規則正しい生活でむし歯を防ぐことができますので、基本的な生活習慣を見直すことも大事です。

いかがでしたか?
歯磨きは最初は無理せず、できる範囲で構いません。
少しずつできるようになっていけば問題ありません。
心配なことがある場合はかかりつけの歯科医師、歯科衛生士に相談しましょう。 

▼こちらの記事もおすすめ
子どもの歯磨き何歳まで一日一回でいいの?乳児期の歯磨きは永久歯に影響する!子どもの歯磨きについて | 子ある日和
歯科衛生士に聞いた、イヤイヤ期の子供の歯磨きの仕方 | 子ある日和
乳歯から永久歯、生え変わりのサインは?カワイイ乳歯ケースも知りたい!

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします