中耳炎を見逃さないための3つのサイン

2895_0
赤ちゃんは、身体のトラブルが起きてもなかなか訴えることができません。

目に見えてわかる、鼻風邪や咳熱などはまだしも、耳のトラブルは見逃してしまいがち。

特に赤ちゃんの場合は発見が難しく、泣き続けるので受診したら急性中耳炎だったということも少なくないでしょう。

中耳炎は、耳の「中耳」の部分が感染し、炎症が起きたり、液体がたまる病気です。

子どもの耳は、大人に比べて「耳管」が短く太いので、風邪をひいたときの菌やウイルスが耳の中に入りやすくなっています。
その為、中耳炎は起こりやすい病気の一つなんだそうです。

完治させないで放っておくと、何度もぶり返したり、滲出性中耳炎になる可能性もあります。

滲出性中耳炎は、耳の奥に分泌液がたまる病気で、子どもの難聴や言葉の遅れの原因になる可能性がある。という事を聞いたことがあります。

そうならないためにも、症状のサインを見逃さないようにすることが大切ですね。

今回は中耳炎かも!?と思わせる子供のサインを3つご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

続きを読む→

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします