知っておきたい、赤ちゃん・新生児の低体温。症状と対処法

赤ちゃん

一般的に、赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすく、暑がりだとされています。

しかしそう言った知識が先行してしまい、赤ちゃんに薄着をさせすぎ、気付いたら赤ちゃんの身体が冷え切っていたということはありませんか?

そして、赤ちゃんの熱を測ったら36度以下だった場合、赤ちゃんが低体温の状態に陥っている可能性も考えられ、それが長期化することで赤ちゃんに大きな負担を掛けていることもあり得るのです。

今回はそんな「赤ちゃんの低体温」の症状と危険性を解説すると共に、低体温を防ぐための対処法について考えてみたいと思います。

1. 赤ちゃんの低体温とは?

一般的に赤ちゃんの平熱は36.5~37.4度とされており、一日の間で、気温や運動の影響を受け、この体温の間を変動しているとされています。

また赤ちゃんは、自律神経がまだ充分に発達していないため、時には体温が上がり過ぎ、反対に体温が下がりすぎることがあります。そして、36度以下まで体温が下がってしまうことを「低体温」と呼びます

2. 低体温の原因は?

まず低体温になる原因として考えられるのは、赤ちゃんが過ごしている環境温度です。

室内がエアコンで冷えすぎている。冷気が直接当たっているなどすると、赤ちゃんの身体が冷えてしまい、低体温に陥ることとなります

反対に室温が暑すぎ、赤ちゃんが汗を掻いているにもかかわらずそれを放置しておくことで、赤ちゃんの身体が内側から冷えてしまい、低体温になることもあります。

暑いからと言って、冷たい飲み物の与えすぎることも低体温を引き起こします。

また、赤ちゃんは元々自律神経が未発達ではありますが、情緒が乱れることで更に自律神経が低下してしまうと、温度調整が上手く出来ず、低体温に陥るとも言われています。

3. 低体温の危険性

それでは赤ちゃんが低体温に陥るとどのような危険性があるのでしょうか?まず、低体温の時間が長いと、赤ちゃんの免疫力が下がる危険性があります。

また、赤ちゃん自身が体温を基に戻そうとがんばってしまうため、身体が疲れてしまう原因にもなります。

また消化機能が働かなくなるため、母乳やミルクが飲めず脱水症状を起こす、また発育を妨げることになります。

特に、産まれてすぐの新生児のときに低体温状態が続くと、低酸素血症に陥り心配停止を招く恐れがあると言われています。

4. 低体温を防ぐには

赤ちゃんが低体温に陥っているかどうかを確かめるには、まず日常的な体温管理が必要となります。

赤ちゃん自身を触って体温を確かめる。特に手足の指先は症状が出やすいため、小まめにスキンシップを測り、確認することをおススメします。また唇の色が紫色になっているときは、要注意と言えるでしょう。

また、日頃から赤ちゃんの身体の温度と、体温計の温度の出方を調べるようにし、赤ちゃんの体調管理に繋げるよう工夫すると良いでしょう。

お母さんになりたての頃は、赤ちゃんを触っても熱があるかどうか分からないことが多いものですが、そのうちに慣れ、首筋や背中を触るだけで赤ちゃんの体温が分かるようになります

5. まとめ

以上のように赤ちゃんの低体温ついて解説しましたがいかがでしたでしょうか?

赤ちゃんの体温管理はお母さんの仕事。

是非、赤ちゃんとたっぷりスキンシップを測り、体調管理をしてあげたいものですね。

関連ワード: