こまめなケアが大切!夏特有のあせもにご用心!

暑い季節

痒くて辛い“あせも”。

夏本番のこの時期、大人も子どもも汗をかきますが、特に赤ちゃんは汗っかきで、あせもの原因になりますね。

子供の場合は、掻き壊して化膿すると、とびひの原因になることもありますから、しっかりとケアしてあげましょう。

今回は、あせもの予防方法・あせもになってしまった時の対策についてご紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

あせもの原因

あせもができるのは、汗をかいたときに、汗が皮膚の中にたまってしまうことが原因です。

汗は、汗管(かんかん)という管状の腺から分泌されますが、汗が溜まってしまうと汗が皮膚の中に溜まって、水ぶくれや炎症を起こすためにかゆみが発生します。

赤ちゃんは我慢が聞かずにそのあせも周辺を掻きむしってしまうことによって皮膚炎を起こしてしまうことなどで悪化してしまいます。

汗腺の数は、大人も乳幼児もほぼ同じなので、乳幼児は汗腺が密集していることになります。その為、一般的に大人よりも乳幼児にあせもができやすくなります。

あせもができやすい場所は、頭、額、首、肘の内側、脚の付け根やお尻、膝の裏側など汗が乾きにくい部分です。乳幼児の場合はおむつでおおわれている部分も、要注意ゾーンです。

あせもの種類

あせもは、3種類あります。

・小さな赤いブツブツができてかゆみを伴う紅色汗疹(こうしょくかんしん)。
・皮膚の表面に、1~3mmほどの透明あるいは白っぽい水ぶくれができる、水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)。
・皮膚の深い部分で起こる白っぽく扁平な丘疹、深在性(しんざいせい)汗疹。

あせもの予防

1.吸湿性・速乾性・通気性に優れた服を

かいた汗を乾かしやすくする為に、吸湿性・速乾性・通気性のよい服を選ぶようにしましょう。

近年、機能素材を使用した速乾性・通気性のよい衣類が多く開発されています。天然素材では、オーガニックコットンが、通気性・吸湿性にも優れた素材です。肌触りもいいので、痒くなりにくいのもいいですね。

2.肌を清潔に

子どもは新陳代謝がよいので、たくさん汗をかきます。汗をかいたら、そのままにしておいてはいけません。シャワーを浴びたり、濡れタオルで優しく拭きとったりしましょう。

どちらの場合も、ゴシゴシ擦るのは厳禁。肌を擦ると、乾燥して皮膚のバリア機能が衰えます。

3.着替えはこまめに

外出先などでシャワーが使えない時は、着替えをさせてあげましょう。

4.夏も保湿を

うるおいが足りず、肌が荒れると、肌が刺激に敏感になってしまいます。その結果炎症を起こしてあせもができるのです。

あせもの予防には保湿も必要です。

5.ベビーパウダーは、つけ過ぎに注意して

最近、ベビーパウダーは毛穴を詰まらせてしまうので、汗も対策には向かないと言わせています。とはいえ、昔から使われてきただけに、肌をサラサラにする効果は抜群です。

毛穴を詰まらせにくい使い方は、パフではなく、手で馴染ませる方法です。清潔な手になじませてから赤ちゃんの気になる部分を撫でるように触ると適度な量のベビーパウダーを塗ることができます。そして、量は控えめに。

真っ白になってしまうほど付けるのは、付け過ぎです。

6.適度な室温調整を

汗腺の発達の為には、適度に汗をかいた方がよいとされています。

けれども、あせもに悩まされている時や、赤ちゃんのお昼寝の時などは、汗をかき過ぎないように室温調整をしましょう。

できてしまったあせもに塗る薬

塗り薬

症状の軽い水晶様汗疹の場合は、上記のようなのケアを行っていれば自然に治ります。一方、紅色汗疹の場合は、塗り薬による治療が必要なケースがあります。紅色汗疹は炎症の起きている湿疹だからです。

それほどひどくない時は、あせも用の薬を塗りましょう。「ムヒベビー」や「サトウ製薬のポリベビー」は、非ステロイド薬です。

酷くなったあせもには、ステロイドの入った塗り薬が効果的。薬局でも、ステロイドの入った市販薬を購入する事ができます。

薬局で買えるステロイド外用剤は、効果の強さによって、weak(弱い)、mediam(普通)、strong(強い)という3つのランクがあります。子供の場合は年齢によって使えるランクが異なるので、購入するときは薬剤師に子供の年齢と症状を伝えて相談しましょう。

塗り薬は、厚塗りにならないように、汗で流れてきたらシャワーで流したり軽く拭き取ってから塗りなおします。赤ちゃんがかゆがって触るようなら、ガーゼを当ててあげると良いでしょう。

※市販薬を5~6日使用してもよくならないときは、別の皮膚病かもしれませんので、小児科や皮膚科で相談しましょう。

2015年7月23日 公開
2017年7月25日 更新

▼こちらの記事もおすすめ
ミョウバンの殺菌作用・収れん作用が、頭汗の臭い対策やあせも対策に|子ある日和
汗びっしょり!ママも赤ちゃんも暑~い抱っこ紐、なんとかしたい!|子ある日和
正しい知識を身につければステロイド外用薬は怖くない?|子ある日和

関連ワード:

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします