子どもの結膜炎、目が開けられないほどの目やにや充血が!気になる感染、治療方法は?

子供の目

朝、子どもが目が開けられないほどの目やにを出していたり、充血していたりという経験はありませんか?
こういった症状はよく「結膜炎」と言われます。
結膜炎と言っても色々な種類があり、その対処法もそれぞれなので、家庭での自己判断は危険です。
では、子どもが結膜炎と見られる症状になったらどのように対処したら良いのでしょうか?

今回は、子どもの結膜炎についてご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

1.症状をよく見てみる
まずは子どもの目の様子をよく観察しましょう。
白目が充血している、目やにがたくさん出ている、涙が頻繁に出る、瞼が張れる、少し熱っぽい、このような症状が見られたら結膜炎の可能性が高いです。
単に目がゴロゴロしていたり痛がっていても、充血や目やにがなく、時間が経って落ち着いてきたら目にゴミが入っただけの事もあるので心配要りません。

2.結膜炎と思われたら眼科を受診
結膜炎の症状が見られたら眼科を受診しましょう。
小さな子どもだと、小児科か眼科か迷いますが、やはり専門医の方が細かな診断を下してくれるので眼科がおすすめです。
眼科でじっくり診断して貰い、適切な治療をして貰いましょう。

3.結膜炎の種類、感染経路を把握する
結膜炎と一口に言っても、いくつか種類があります。
ウィルス性、細菌性、アレルギー性のものです。
中でもウィルス性のものは感染力が強いので要注意です。
子どもの場合は、夏の時期のプールが感染経路になることが多いので、気を付けて下さい。
結膜炎になったらプールはお休みです。
細菌性の場合は進行すると角膜に影響して、視力に問題が起こる場合があるので、早期発見が大切です。
アレルギー性の場合は、その原因物質があるはずなので、それを突き止め治療や予防をすることが大切です。

4.周囲にうつさないために
感染力の強い結膜炎、家族間や兄弟間で広まっては一向に治りません。
うつさない、広めないようにしましょう。
具体的には、目を擦ったり触らない、手をしっかり洗う、洗った手はペーパータオルで拭く、タオルを共有しない、感染者のお風呂は一番最後、感染者の枕カバーやシーツを毎日洗うなどです。
登校、登園は眼科医の支持に従い自己判断はやめましょう。

5.赤ちゃんの結膜炎には
1歳頃までの赤ちゃんに多い結膜炎もあり、涙のう炎と呼ばれます。
赤ちゃんは涙の通り道である鼻の中の管が完成いていないことがあり、涙のうに涙がたまり炎症を起こしやすくなってしまいます。
こういった場合は、眼科で鼻の中の管(鼻涙管)を開放する手術が必要になります。
これは月齢が小さいうちは簡単な処置で済みますが、1歳を超えてしまうと難しくなるため早期発見が重要です。
赤ちゃんの目の様子が気になったら早めに眼科を受診して下さい。

ただの目ヤニといえど、子どもにとっては重要な病気のサイン。
ちょっとした変化も見逃さないように、ママは日々気をつけないといけませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします