意外に多い赤ちゃんのカンジタ症、原因と対処法は?

赤ちゃん

カンジタとは、皮膚にカビの一種であるカンジタ菌が感染し炎症を起こす皮膚の疾患です。
カンジタ菌は誰にでも常在している菌で、普段は悪さをする事はありません。

しかし、免疫力や抵抗力が弱った時や皮膚の状態が良くない時など、何らかの原因によって炎症を起こしてしまいます。
よく大人がかかりやすいと聞く病気ですが、赤ちゃんにも多い事をご存知ですか?
赤ちゃんの皮膚は弱いので悪化しないよう、早めの対処が必要です。

今回は、そんな赤ちゃんのカンジタ症の原因や対処法を見ていきたいと思います。

続きを見る→赤ちゃんのカンジタが発症する場所は…

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします