赤ちゃん 熱が出た時の対処方法、冷やす!?下がらない?元気?

赤ちゃん 熱

赤ちゃんの熱が出た時、突然39度や40度の熱が出た時、母親として、父親としてどんな対処が必要でしょうか?赤ちゃんは、高熱が出ても大人と違って元気な場合もあります。赤ちゃんの熱が出た時、冷やす方法は?どんな対処方法があるか、ピックアップしてみました。体温調節機能も未熟で、自分の症状について話すこともできない赤ちゃんを、母親や父親がしっかりと守ってあげましょう。

赤ちゃんの熱、対処方法とは

赤ちゃんの熱で対処方法として一番重要なことは、脱水症状を防ぐことです。筆者には2人の子供が居ますが、初めての赤ちゃんの熱が39度や40度の高熱になった時は、本当に心配になりました。すぐに夜間診療へ連れて行き、病院の先生に見て貰ったのですが、言われた印象的な言葉があります。
赤ちゃんの熱について、お医者さん曰く「赤ちゃんは熱が出ても、元気なら大丈夫です。脱水症状が一番恐いので水分補給はしっかりとおこなって下さい。」。赤ちゃんの熱が下がらない時は、脱水症状に気を付けて様子を見ながら、心配なら病院に連れて行き先生に診てもらいましょう。

赤ちゃんの熱、冷やす方法とタイミング

赤ちゃんの熱が出た時、病院の先生に教えてもらった、家でできる対処法についてご紹介したいと思います。赤ちゃんの熱が上がる、下がるの目安は手足の温度でわかります。体はすごく熱いのに、手足はとっても冷たい。これはまだまだ熱があがりきっていない時のサインです。子供はこの時寒気を感じていますので、靴下を履かせる、毛布をかける等、寒くないように温めてあげてください。反対に手足が温かくなってきたら、体の末端まで熱がいきわたった、熱が上がりきったということなので、今度は薄着にさせてあげる、氷枕で頭を冷やすなどして体を冷やしてあげましょう。

赤ちゃんの熱が37度5分以上は注意が必要

赤ちゃんの熱 38度
高熱に注意が必要なことは、多くの人が知っています。
でも、実は低い発熱でも危険な病気もあるのです。
夏頃によく流行する手足口病は、低い体温でも脳障害を起こす可能性があります。
37度台後半で注意をし始め、38度以上になれば、危険な状態に入ると考えていいと思います。

最初の兆候が、手や足や口あたりのポツポツした湿疹だけなので、見逃すと、発熱してから短い時間で、低い発熱状態のままで、脳障害が起こる場合があります。

だから、実は高熱ではなく、低温の発熱でも注意が必要なのです。眠っている子どもをよく観察して、手足がビクンビクンしていないか、いつもの熱と違ったところはないかなど、細かい観察が必要です。

赤ちゃんの熱は上昇が早い

>赤ちゃんの熱は上昇が早い” /><br />
0~3歳くらいの乳幼児は、<strong>発熱の時、熱が上昇するスピードが速い</strong>です。<br />
昼間から夕方までは元気に遊んでいたのに、顔が赤いので額を触ると、日が暮れるころには、もうかなり高熱になっていたりします。<br />
また、高熱なのに元気に遊んでいて、急にぐったりする場合もあります。</p>
<p>発熱がある時、<strong>子供は脱水症状になりやすい</strong>ので、注意が必要です。<br />
水分補給が重要です。<br />
ぐったりしたらとにかく、水分を与え、症状が回復しない時は速やかに病院へ連れて行く必要があります。<br />
時には、親が朝、目覚めたら、子供がぐったりしているようなケースもあります。<br />
看病する人は大変ですが、<strong>熱がある時は、交代で見守ると安心</strong>です。<br />
脱水症状は乳幼児だけではなく、中高生でも大人でも急激に起こる怖い症状です。</p>
<h2>赤ちゃんの熱、脳障害に注意</h2>
<p><img src=
発熱で一番怖いのはやはり脳障害です。乳幼児は発熱して眠ってしまったら、本人の状態が分かりにくいものです。
しかも高熱が続いたり、重い症状の時は、速い息遣いで、ただ眠り続け、心配で仕方がありません。
どんな状況になれば、脳障害の恐れがあるのか、いつ救急病院に連れて行けばいいのかなど不安で一杯です。

そんな時、眠り続けている赤ちゃんの状態を見るのに、医師が教えてくれた一つの方法があります。

それは、発熱で眠っている赤ちゃんや幼児の瞼を母親の指で少し上下に開けてみるのです。
すると赤ちゃんは眠っていて何も見ていないんですが、瞳があります。
その時、瞳が真ん中にあるか、左右に少し動くような感じなら、普通の状態なんですが、瞳が、目の玉の後ろの方に行くとか、後ろへ入り込むように円を描くとかいうような動き方をすると緊急の状態で危険なのだそうです。

高熱が続いて心配であれば、病院に行くのが一番いい対処法ですが、自宅で確認できる方法の一つとして覚えておいて損はないと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします