産まれてすぐの皮膚トラブル。乳児脂漏性湿疹に慌てないで!

赤ちゃん
産まれたての赤ちゃん。お肌プルプル♪すべすべ?と思いきや、産まれてから数週間でポツポツと乳児脂漏性湿疹ができてしまう赤ちゃんも多数います。
乳児脂漏性湿疹とは体にはなく、首から上の頭、 ほほやおでこなどにできるもので、初めてのママは特に心配になってしまうことも多いと思います。

頭にうろこのようなものができる赤ちゃんもい ますし、頭やおでこのあたりにフケのようなカサカサしたものができる赤ちゃんもいるそうです。
赤ちゃんは、ママのおなかの中にいたときに女性ホルモンの影響を受けてるそうで、新生児期から3カ月くらいまでは皮脂の分泌が非常に活発。
皮脂の脂が漏れて湿疹になってしまいます。

乳児脂漏性湿疹かなと思ったら…まずは、しっかり洗って清潔にすること

乳児脂漏性湿疹はいわばおとなのにきびと同じようなもの。にきびができると肌を清潔にしましょうといわれますよね。
乳児脂漏性湿疹も同じように肌を清潔にしてあげてください。
お風呂や沐浴の際、少し怖いかもしれませんが、頭などを石鹸で丁寧に洗ってあげてください。
指の腹で大人がシャンプーするのと同じようにごしごしと洗っていいのです。
目にしみるのが心配ならしみにくいベビー用のシャンプーも売っています。
そしてお風呂上りはしっかりとふきとってあげてください。

乳児脂漏性湿疹の対応:保湿

ごしごし洗ったのですから肌は乾燥気味そのままだとかわいそうですよね。
お風呂上りやふだんのときも予防しましょう。
ベビーローションなどで保湿をすることをおすすめします。

それでもダメなら皮膚科へ!

それでもだめなら、最終手段は皮膚科に行くことをおすすめします。
乳児脂漏性湿疹がひどくなると肌がグジュグジュしてきてかわいそうなことになります。
さらにかゆいからかかいてしまうんですよね。
皮膚科では場所によっては塗り薬だけではなく、漢方薬なども処方してもらえます。
そしてその漢方薬は母乳からもとりいれましょう、ということでお母さんも飲んだりします。
飲み薬が不安、塗り薬がなめちゃうかもしれないからいやだ、といろいろありますので、
お医者様とよく相談されることがたいせつとなってきますね。

乳児脂漏性湿疹は3ヶ月すぎたぐらいから自然と治るとされていきますが、
それも赤ちゃんによってさまざまです。
母乳には意外と脂肪分があるので、母乳をやめたとたん、乳児脂漏性湿疹が出なくなったという赤ちゃんも。
それでもアトピーやアレルギーなど別の病気の可能性もあるので、あんまり長引くようであれば一度皮膚科もしくは小児科の先生に診てもらってくださいね。

▼ベビーのためのスキンケアならこちらがおすすめ!▼
icon

▼こちらの記事もおすすめ
眠いの?痒いの?赤ちゃんが頭や顔を擦る原因と対処法について。|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします