産後ダイエットは当たり前だけどなかなかできない○○が重要!?「太った!?」と言われないために日々できる効果的な方法は?

体重計に乗って頭を抱える女性
妊娠期にどんどん大きくなったお腹と増えた体重は「妊婦だから」で良かったものの、出産後に「妊娠前より太った?」なんて言われたくはないですよね。
慣れない育児と併せて産後ダイエットに励むママも多いようですが、失敗の無いようにすっきりと痩せたいですね。

今回は、そんな産後ダイエットについて無理なく痩せられる方法をいくつかご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

産後ダイエットのコツ1 食べる量を把握すること

食べ過ぎている女性
女性は少なからずダイエットの経験をしているのではないかと思われますが、今までのようにやってもうまくいかないのが産後のダイエットです。
なぜうまくいかないのでしょう?
ダイエットでまず思いつくのは食事の量を減らすことですが、産後の回復期に当たっていることと、育児で生活のリズムが変わったことで、食生活も乱れがちです。
赤ちゃんのお世話の合間に小分けに食事をとることで、かえってたくさん食べてしまうこともあります。
時間を決めてどれだけの量を食べているか把握しながら食事をするようにしたいものです。

産後ダイエットのコツ2 口にするものに気を付ける

野菜を食べる女性
赤ちゃんのお世話は授乳も睡眠も細切れになりがちで、その合間に小腹満たしで食べてしまうこともあります。
それもついつい手軽なスナック類や菓子パンといった物を口にしがちではないでしょうか?
また、母乳の出が良くなるようにと、牛乳や豆乳、乳製品などを摂りすぎていませんか?
もちろん赤ちゃんが飲む母乳はママの摂ったものから作り出されているのですが、母乳の出については、適度な水分が必要です。
間食で口にするものの質を変えることと、母乳の出を良くするにはしっかりと水分補給、ということを意識するとずいぶんと違ってきます。

産後ダイエットのコツ3 しっかりと体を動かしてカロリー消費

ウエスト測る女性
慣れない育児で疲れも出ますが、お昼寝などで休息を取ったら、積極的に体を動かしましょう。
ジムやプールに通うことができれば気分転換にもなってしっかりとエクササイズができますが、そんな時間を取れなくても、赤ちゃんとお散歩にでかけるだけでいい運動になります。
赤ちゃんをベビーカーに乗せて外出し、どんどん歩きましょう。
家事や育児の労力とは別に、意識した運動をすることでカロリーの消費も増え、たるんだ下半身などを引き締める効果があります

産後ダイエットのコツ4 正下着を上手に使う

骨盤ベルト
産後にたるんだお腹を引き締めようと、きついガードルなどで締め付けるのは逆効果です。
無理に締め付けることで血流が悪くなり、新陳代謝が促進されないのです。
それよりも重要なのは、出産で開いた骨盤を矯正すること
骨盤が開いていると姿勢に影響し、腰痛の原因にもなります。
産後2,3カ月までが骨盤が締まりやすいので、適度な補正力の矯正ベルトなどでしっかりと整えるようにすると、体のバランスも良くなり下半身も引き締まってきます

このように、赤ちゃんのお世話をしながらの産後ダイエットには効果的なものとNGなものがあります。
まずは食べるものと食べる時間に気を付けること。
産後の回復期に補正下着を正しく使って体を引き締めること。
赤ちゃん連れでも積極的に歩くこと。

このようなことを意識して、ママの体に無理のないやり方でしっかりと効果の出るダイエットを続けましょう。

▼こちらの記事もおすすめ
産後ママにダイエットは不要?出産後の体重はこうなりました。|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします