出産後なのに元気!それは回復が早いわけではありません!産後ハイのリスクと注意点

喜ぶ女性
『産後ハイ』という言葉を知っていますか
まさに産後のハイテンションな状態のことです。
どんな風にハイテンション?
後でどうなるのでしょうか?

なぜ産後ハイになるの?

悩む女性

ホルモンバランスの乱れ

産後はホルモンバランスが乱れがちになります。
その影響でママの体にも変化が起こります。

精神的に不安定

また、出産という大仕事を終え、赤ちゃんを胸に抱いた喜びで、精神的にたかぶっているということもあり、ハイテンションな状態になりやすいのです。

産後ハイではどうなるの?

寝ている赤ちゃん
出産を終えた体は疲れているはずです。
赤ちゃんの授乳に合わせた切れ切れの睡眠でも、体を休めるためには大切なのですが、眠気を感じなかったり、眠いけど寝付けなかったり。
また、赤ちゃんのペースに合わせつつ、ママも休まなければいけないのに、家事などどんどんこなしても疲れを感じなかったりもします。
そこで、「私はけっこう元気だ」と思って休まないようになるのです。

産後ハイの影でママに何が起きている?

赤ちゃんを抱いた女性
出産を終えたママの体は、実はかなり疲れています。
急激に大きくなった子宮が収縮して戻ったり、重いお腹を支え、出産で開いてしまった骨盤も、しっかり戻るためには休まなければいけません。
その他にも出産で消耗した体力も回復させる必要があるのです。

産後ハイで元気に過ごし続けられる?

元気な女性

元気だという勘違い

産後の回復期にハイテンションで家事や育児がはかどるから、「私は元気。回復も早い」と思い込んではいけません。
産後数週間のハイテンションな時期を過ぎると、一気に疲れが出て倒れたり、後々まで不調を引きずることにもなります。

母体に与える影響

産後に充分に回復しきれなかった母体は、更年期以降に大きな影響を与えることもあるということを知っておきましょう。

産後ハイをどう過ごす?

ひらめきの電球と手
出産を終えてある程度精神的に高揚するのは当然ですし、生活のペースが変わるので睡眠などに影響を与えることもあります。
ですが、その後のリスクを考えるなら、できるだけ精神的にリラックスして、体も休めるようにしましょう。
テキパキできるからと何でも一人でこなさず、家族の協力を得て体や心を休めるように工夫しましょう。

産後ハイは、後々のママの心身に影響を与えるので、元気だからとハイテンションを維持せずに、どこかで休めるようにして出産で疲れた体を休めるようにしましょう。
心身ともに健全な生活へとつながっていくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします