陣痛より大変!?辛いつわりを上手に乗り越えよう

つわりの重さは人それぞれですが、全くつわりが無い人もいれば中にはつわりの期間中ずっと入院している人や、妊娠後期までつわりが続く人など症状が重い人がいます。
赤ちゃんを授かって間もない時期からスタートするので、まだ安定期に入っていないことから色々良くないことを考えたりと精神的に不安定になることも多いはず。
陣痛の痛みより苦しかったという人もいるくらい辛いつわり。そんなつわりの時期をできるだけ快適に自分らしく過ごして待望の赤ちゃん誕生を待ちませんか?
今回はそんな辛いつわりをなんとか乗り切る方法についてご紹介したいと思います。

1.好きなものを食べられるだけ
1648
つわりの時期はやはり食べ物に対してとても敏感になります。
赤ちゃんのために欲しくない食べ物を無理矢理口に突っ込むことはありません。
特に妊娠初期の胎児はまだそれほど食事による栄養を必要としていませんから、お母さんは自分の体調を優先させても大丈夫な時期です。
自分の食べれるものを食べられる分だけ口にしましょう。しばらくすると一日のうちどの時間帯が一番辛いのか、またはどんな食べ物を受け付けないのか、またはにおいがダメなのかといった自分なりのパターンが段々と分かってきます。
そうすれば苦手なものを上手に回避できるようになるでしょう。ただし脱水症状にならないように水分だけは少しずつでも適度に摂るようにしてください。水分も摂れないほど重症な場合は迷わず病院に行きましょう。

2.自分の好きなことをとことんやってみる
1648_2
特に安静を強いられているわけではないのなら、この際自分の趣味など好きで夢中になれることに没頭してみましょう。
つわりは決して精神的な症状ではありませんが、案外気持ちの変化で体の症状が軽くなったり耐えられたりすることがあるのは確かです。
激しい運動は無理ですが、ガムを噛みながら適度なウォーキングなどは気分転換には持ってこいでしょうし、手芸が好きな人は赤ちゃんのためのものを手作りしてみるのもよいでしょう。とにかく自分が心から楽しいと思えることを無理なくやってみましょう。

3.頼れる人に上手に甘える
1648_3
つわりがいくら辛いといっても、その人の本当の辛さはその人にしか分かりません。
しかしだからといって相談する人がいるのといないのでは精神的に全く違います。話を聞いてくれる人を見つけ相談したり時には自分の弱さを見せて甘えましょう。
夫や家族が一番良き理解者になってくれそうですが、万が一それが無理な場合は友達でも良いでしょう。
ネットの妊婦用コミュニティサイトで知り合った名も知らぬ相手がもしかしたらあなたの辛さを一番分かってくれる相手になるかもしれません。

つわりはそのメカニズムも正式には解明されておらず、つわりのある妊婦にとってはとても辛い時期を過ごすことになります。
いつ終わるのか見えないばかりか、家に閉じこもる時間が長くなるなど孤独な戦いになりがちです。
でも本来つわりの時期は妊婦が少しだけわがままを許される時期でもあるのです。
赤ちゃんに思いを馳せると同時に自分を大切にして出産に向けて体だけでなく心の調子も整えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします