痛いのは出産時だけじゃない!?新米ママさんが苦戦する●●トラブルとは?

産後の赤ちゃん
10か月に及ぶ妊婦としての仕事を終え、出産という大仕事を終え、すごく大変だったけれど、待望の赤ちゃんに会えてホッと一息。
なんて、つく間もなく!育児が始まる訳ですが、ただただ育児が大変!なだけでは無く、出産で使ったパワーの反動!?と自分自身の体のトラブルがどんどん襲ってきます。
赤ちゃんを育てる上でのトラブルもあります。今回は、その中でもママさんたちが経験するの授乳に伴うトラブルについてご紹介したいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

出産直後からやってくる乳房の痛み

1705
出産後すぐから赤ちゃんへの授乳が始まります。
出生直後の赤ちゃんは少ししか母乳を飲めないので、どんどん胸に母乳が溜まりカチカチの石のような胸になり、痛みが出てくる事があるんです!
熱を持った場合は冷やすと少し楽になるので是非お試しくださいね。
けれど、すぐにまたカチカチ状態になってしまうので、その状態が続いて辛い方は病院を受診することをおすすめします。
私が実際助産師さんに言われたことは、母乳が出る乳腺がまだしっかり貫通していない為、外に出られず乳房内に溜まって行ってしまうとの事。
赤ちゃんが上手に母乳を飲みだすと、乳腺が開き乳房内の母乳も溜まりにくくなるので、それまでの辛抱です。
けれども、脂肪分が多いものなどを摂ったりしているとまた乳腺が詰まりやすくなるので食生活には要注意が必要です。

授乳による乳首の痛み

1705_2
出産直後から、新米ママさんを襲うトラブル!授乳開始間もない頃はまだ乳首が固い状態なので、どうしても起こりやすいトラブルだそうです。
ひどい時には白斑になったり、水泡ができたり、擦り切れたり・・・・授乳が本当に苦痛。けれども赤ちゃんに母乳を飲ませてあげたいし!!という葛藤に辛い思いをするママさんもたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな時は、乳首を保護する馬油などを塗ってケアすると楽になりますよ!
私はピュアレーンという赤ちゃんが摂取しても問題ないと言われていた薬を塗っていました。
薬を塗ったあとに、サランラップをのせると薬の浸透がよくなり治りもよくなるのでおススメですよ!

あまりにも痛みが強いときは、搾乳して哺乳瓶であげたり、時にはミルクに切り替えてもいいと思います。
授乳が始まり一か月後には乳首が伸びやすくなり、また赤ちゃんが上手に飲めるなるので、乳首トラブルはだんだんと解消すると思いますよ!

水分不足による便秘と痔

1705_3
授乳時には母乳によって水分が体から出るので便秘になりやすいです。意識して水分を取るようにしても便秘になってしまう。というママさんは多いと思います。便秘も辛いですが、便秘がひどくなると、切れ痔を発症してしまう場合もあるので要注意ですね。
病院の先生に相談すると、授乳中のママさんでも飲める薬を処方されるので是非相談してみてくださいね。

自分の体にも目を向ける事を忘れずに

カフェオレ
出産後は育児中心の生活になるので自分の体調をかまっていられず、気になってはいてもなかなか病院へ行けず処置が遅くなってしまいます。
早めに対処した方が早く回復するしその分育児にも専念できるので数時間の間誰かに赤ちゃんを預けられるなら思い切って病院へく事が大切だと思いますよ。
育児で大変な中でも自分自身の体調にも目を向けてしっかり体調管理をしておくことがトラブルが大きくならない為の対策になると思います。

産後ケア。
慣れない赤ちゃんのお世話もあるのでなかなかママ自身のケアに時間を取るのは難しいもの。
けれども、元気なママでいられることが赤ちゃんにとってもママにとっても大事な事なので、是非ママ自身の事も労われるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします