産休・育休中にやっておいてよかったこと、やればよかったこと

初めての出産では「赤ちゃんが生まれた後の生活」はなかなか想像できないのが普通ではないでしょうか?

今日は、「やっておいてよかったこと、やればよかったこと」をテーマに意見をご紹介します。

出産前・産休

温泉

旅行・おでかけ・外食・趣味を思い切りやっておく

旅行(2歳男の子)

旅行や自分時間の満喫。(2歳7ヵ月、男児)

夫婦で旅行。
(2歳半の男の子)

一人で気ままに外出すること。
見ているだけで楽しい街をぶらぶら歩くこと。
疲れやすかったり、おトイレが近かったりしてそんなに歩けないかと思いますが、赤ちゃんが生まれればベビーカーを押したり、抱っこひもで常に一緒の時期がしばらく続きます。
両手に何も持たず、身一つで歩ける幸せを感じるのもいいのではないかと思います。
(七歳、男の子)

趣味に没頭すること。(七歳、男の子です。)

外食
小さな子供連れだと、なかなか連れまわすことも出来なくなるので
(0歳 女)

部屋の片づけ・写真の整理

部屋の片づけ、整理整頓です。

子供がいると物が増えるので、いかに収納が大切かがわかりました。
また、押し入れの不必要な物の整理整頓が子供がいると時間かかって思うようにできません。
あと、写真のアルバム作りです。
子供ができてから写真撮ることが増えるわけですが、増える時までに今までの写真を整理しておかないと、子供の写真の枚数が多くてアルバム整頓が間に合いません。
(3歳女の子、1歳女の子)

お部屋などの整理整頓や大掃除です。
子供が産まれてからでは中々時間が作れなくて少しずつしか作業が進みません。それに整理整頓して断捨離しておけば、多少、子供のものが増えたりしてもすぐに対応できます。それから、子供が動いたりしない時期は子供のスペースもなくていいですが、寝返りなどしだすと、安全なスペースが必要です。
産休の間に自分のやりたい事を満喫してください。1人の時間なんて育児を始めるとありません。
(1歳 男の子、0歳 男の子)

妊娠中は何が起きるか分かりません(切迫早産など)!準備はお早めに

切迫早産で入院してしまい、産休中はほとんど何も出来ませんでした。
そのため、やっておきたいことは山ほどあります。
子供のための準備も何も出来ず、出産してからばたばたでした。
産休・育休中に、簿記の資格を取りたかったです。
(3歳 男の子)

ベビーグッズの買い物。
切迫早産になって産休開始から入院していたので子どもが生まれた時にはベビーベッドすらなくて、もっと早くにしとけば…と悔やみました。
(3歳4か月、女の子)

体も動かそう!

産休でも、少しでも体を動かすことが大事だと思いました。それをやっておかないと、産後の時に太ってしまいますし、家事をしたくなるという気持ちになったからです。
(5歳 男の子)

出産後・育休中

産後ケア

産後ケア
出産直後は1か月はとにかく休むこと と助産婦さんに言われました。目を使わないようにとも言われました。ゆるんだ骨盤ケアや膣体操などもしましたよ。膣の引き締めなど忙しかったのにかまけ 二人目の時 怠ったところ軽い尿漏れの症状が出るようになりました。
(5歳女の子 7歳男の子)

子供とのスキンシップ・早期教育

子供とのスキンシップ
(女の子)

もっと子供とたくさん遊んであげればよかったです。仕事に復帰すると毎日が多忙であまり時間が取れなくなりました。
(12才 女子)

赤ちゃんに絵本の良き聞かせなどの早期教育をしました。効果のほどは???今小学校2年生ですが 本が大好きで自分で読む子になりました。やってよかったです。
(5歳女の子 7歳男の子)

家の片付け・写真の整理

家の中の物の断捨離です。
赤ちゃんを産むと、なかなか自分の時間がなく掃除ができません。仕事を始めるともっと時間がなくなりできません。なので、うちの中の断捨離を1日一箇所だけでもいいので気にしてやってみてほしいです。
(0歳 男の子)

アルバム作りです。
エコー写真をはじめ、成長と共にどんどん写真がたまっていき、どのように管理すればいいか本当に分からなくなってきます。
早ければ早いうちにアルバムを作り始めるといいと思います。仕事が始まると忙しくてアルバムどころではなくなってしまうので、本当に育休中に取り組みことをおすすめします。
(女の子3歳、男の子1歳)

アルバムを作りました。
生まれた日から、両家のじいじやばあば、近所の同い年の赤ちゃんもたくさん入れて作りました。
3才ころからはそのアルバムを本人が何度でも眺めて楽しんでいたので、時間もあったし作っておいてよかったと思いました。
職場復帰してからは一覧印刷でアルバムを作って手抜きしています。
(女の子6歳)

情報収集・ママネットワーク作り

急に熱等突発な事を起こった時、自分の代わりに迎えにいってくれる人を探しておいて良かったです。
(10才の男の子)

子供と一緒にヨガなどの集まりに行って、同じくらいのママさん達と話をしたかった。
同じ境遇だったりする方もみえたりするのでいろいろ話をしてリフレッシュできると思う。
(4歳と1歳)

保育所、幼稚園の情報収集。
どこでも入れるかなと高を括っていましたが、いざ、入園願書を出しに行ったときになんと長蛇の列で1時間半待ち。後でママ友に聞いたら次の日でも行けたよと言われ、かなりショックでした。子供を連れて並ぶのは大変でしたのでやはりもっと、情報を集めればよかったと後悔しています
(17歳、15歳、13歳)

育休中にもっと保育園に関する情報収集をしておけばよかったです。
役所へのこまめな相談や保育園見学へは行ったのですが、復帰後の生活に向けての情報交換会や復帰後のママさんと話す機会がなかったため、のんびりした育休中から一変して怒涛の復帰後の生活が始まったので子供も私も体調を崩してしまいました。
復帰後の生活をもっとよく想像できていたら、こんなに疲れることはなかったのにな・・・。と思って復帰後一ヶ月を過ごしました。
もっと本で調べたり、身の周りの人から聞いたりしておけばよかったな、と思いました。
(1歳半 女の子)

仕事復帰を見越した生活リズムの確立。仕事復帰してから毎日がドタバタで私自身も子どもも生活リズムを立て直すまで苦労したので。
(3歳4か月、女の子)

資格・スキルアップ

資格取得などをする時間を確保すべきだったなと思います。子どもが大きくなると、学校行事や習い事などで子どもと一緒に忙しくなるので、自分の時間を確保するのが難しく、子どもがよく眠っていた3歳くらいまでの方がじっくりと自分の時間をとれたのではないかと感じています。
(5歳(女)と8歳(男))

資格の取得
(1歳 男の子)

資格の勉強。
(3歳)

内職や資格の取得
(1歳 女)

自分自身のスキルアップと生活リズムの取り戻しです。いくら育児中でも、仕事お休みとなれば生活のリズムも崩れてしまい、仕事再開した時に出産前の生活リズムを取り戻すまでにかなり時間掛かりました。スキルアップも育児しながらでも出来るものをしておけば、もう少し収入アップ見込めたかなと後悔しております
(4歳、女の子)

その他

体の保湿
(女の子)

子供服を手作りしておけばよかったです。あとお出かけ!
(男の子 5ヶ月)

子供も連れていける範囲での家族旅行
(0歳 男の子)

産休中にベビーベットで独り寝ができるようにすればよかったと後悔しています。
保育園に入園してからも保育士さんが抱っこをして寝かしつけをしないといけないと言われました。
それから慌ててベビーベットで寝かすようにしましたが、すごくぐずるため最後は根負けして添い寝をしてました。
(2歳7か月 男)

運動すればよかった!!
息子と一緒になっておやつ時間を楽しんだりも幸せでしたが…
復職後は、おやつ時間だけが体に染みつき、太ってきてしまいました。
(1歳、男の子)

料理の腕をみがく。
子育てに時間がとられるとはいえ、料理のレパートリーを増やしたり覚えるにはとてもいい時期だと思います。
(3歳の女の子、6ヶ月の男の子)


いかがだったでしょう?

どの方も、これからママになる(または育休中の方)のお役に立ちたい!と張り切って答えてくださいました。

参考になりましたら幸いです。

関連ワード:,

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします