油断大敵!産後ママのお肌、大丈夫!?

妊娠から出産、休む間もなく昼夜問わずの育児。ママってとっても大変。
子どもの成長を励みに奮闘する毎日ですね。
赤ちゃんから幼児へ、お世話の仕方は少しずつ変わるけれど、子ども中心の生活になって、ママのことは後回しになりがち。特にお肌のケアは手が回らなくなりやすいですね。
そんな毎日で肌荒れに悩むママも多いことでしょう。
でも、後々大変なことにならないように、工夫してお肌のケアをしましょう。

【PR】
1.手軽にできるケアを
2346_00
赤ちゃんの毎日のお世話に欠かせないのが入浴です。中にはママが一人でこなす家庭もありますよね。
上の子もまだ小さいともっと大変。入浴後に着替えをさせて水分補給をさせて、ママは休む間もありません。
でも、赤ちゃんにはベビークリームを塗ったけど、ママのお肌はほったらかし?これはダメです。忙しくても保湿をしっかりしましょう。
そのためには、化粧水+エッセンス+乳液…のプロセスを省いてくれる、オールインワンジェルなどがお勧めです。ほんの数十秒で完了。
ベビー用品のメーカーから出ていたりしますから、赤ちゃんのものと一緒に購入しちゃいましょう。

2.日焼けは大敵
2346_2
さあ、新生児だった赤ちゃんもお散歩デビュー。
赤ちゃんの日焼けには気を使いますね。ベビー用の日焼け止めクリームや帽子でしっかり日焼け防止。
でもママはうっかりしがちです。日焼けをすると肌が黒くなるだけではなく、ゴワゴワしてきますね。数年後にシミが増える原因にもなります。
ママもぜひしっかりと日焼け止めを塗りましょう。刺激の少ない赤ちゃんも使える物を親子でササッと塗りましょう。
余裕があれば更にしっかり効果の出る物を重ね塗り。
オフする手間を考えて、石鹸で落とせる日焼け止めジェルやクリームを選ぶと後が楽です。

3.お肌が荒れてしまったら
2346_1
なんとかお肌ケアを頑張っても忙しい毎日で行き届かずに、気が付けばお肌が荒れているということもありますね。
まずはそれが皮膚病なのか乾燥などで荒れているだけかを見極めます。皮膚炎などを起こしていると赤ちゃんに移ったりして大変なので、早めに皮膚科に行きましょう。
乾燥などで荒れている場合は、お肌に優しいローションやクリームを使いましょう。
お勧めはベビーローション。赤ちゃん用ですからもちろん刺激も無くお肌に優しいですね。
それからワセリン。お化粧落としから洗顔後の保湿にと活躍するスキンケア用品として知られていますね。
このワセリン、どれも同じではありません。特に肌荒れがひどい時には、薬局で取り扱っている、精製度の高い「白色ワセリン」を使ってみてください。
どちらも、ベタベタしないためには薄く伸ばすのがコツです。

赤ちゃんのお世話を頑張りながら、ママのお肌ケアも手抜きし過ぎないよいに、ちょっと工夫してみましょう。
たまにはパパにお世話をお願いして、入浴後のパックや、お休みの日にプチエステ、なんてご褒美ケアも取り入れてみると、気分もリフレッシュ、肌自慢ママに変身かもしれませんよ!

【PR】
▼産後ママにおすすめ!シンプルで贅沢なスキンケアで素肌美人♪▼
akyu
簡単&楽ちんで、思わず笑顔がこぼれてしまうような、スキンケア♪シンプルケアで、自信の持てる“すっぴん肌”へ!

詳細はコチラ

next

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします