がんばり過ぎないで!ママも新生活のストレスを溜めないために。

体調管理

お子さんの入園、入学、進級など、春から新しい生活をスタートさせた方も多いのではないでしょうか。

ママ達も、新しい人間関係が始まり、環境の変化にストレスを感じたり、緊張したりすることもあると思います。

ストレスによる緊張状態が続くと、心も体も調子が悪くなってしまうことがあります。5月病というと、入学や進学で4月に環境が変わる学生を連想しがちですが、大人であるママも注意が必要です。

症状がひどくなってしまう前に、ストレスと上手に付き合う方法をご紹介します。

五月病とは

よく「五月病」などと言われますが、5月のゴールデンウィークが終わるころになると、心身ともに、不調を感じ始める人が増える傾向にあると言われています。

それは、生活環境が大きく変わるためにストレスを受けやすくなり、少しずつ積み重なった不調が連休明けにピークに達することが多いためです。

この時期にストレスを感じる人は全体の7割前後だという調査結果が出ているほどです。

症状は精神的なものと、身体的なものの両面から以下のようなものが挙げられます。

・ヤル気が出ない
・気分が落ち込む
・何をしていても楽しいと思えない
・食欲がない
・ぐっすり眠ることができない
・頭が痛くなる

これらの症状が2週間以上毎日続くようであれば、うつ病の可能性が出てきます。

五月病?気持ちや体調が辛い時は…

規則正しい生活を

規則正しい生活が大切です。

眠くなくても、就寝時間になれば、布団に入って目を閉じ、眠る準備をしましょう。

また、食欲がなくても、栄養バランスを大切にして、少しでも食べるようにしましょう。

気分が乗らないからと、家に閉じこもりがちになってしまうかもしれませんが、散歩をしたり、趣味の時間をもったりして、気分転換ができるように心がけましょう。

親しい人に会って、ゆっくりと食事をするのもオススメです。

腹式呼吸ですっきりと

忙しくて気分転換の時間を確保できないなら、トイレでゆっくりと腹式呼吸をするだけでも、違ってきますので試してみてください。

具体的にどのようにするかというと、肩の力を抜き、軽く胸を開くような姿勢で、鼻からゆっくりと息を吸います。

この時、花の良い香りを嗅ぐイメージでお腹に空気を溜めます。

そして、ゆっくりと口から息を吐くようにしてみて下さい。

それでも辛くなってきたら、ストレスを感じる状況や気持ちを書き出してみると、冷静に解決策を見出すことができることもあります。

頑張り過ぎない

辛いとき、一番気を付けなくてはいけないのが、頑張り過ぎないことです。

“家のこともしっかりやらなきゃ”
“子どもにはあれもしてあげなきゃ”

と、目標を高く持ちすぎると自分を追い込んでしまいます。人と比べるのもよくありません。

SNSで友人の投稿を見て、励みになるなら良いですが、心がモヤモヤしてしまうなら、しばらくSNSをお休みしてみてください。

子ある日和読者プレゼント:高評価グルメレストランのクーポンを2組様に!!記念日やママ会に…

周りの人を励ますには?

また、家族や友人がストレスで苦しんでいると感じたら、安易に励ましたり、責めたりしないようにしてあげてください。

「がんばれ」と言ってしまいがちですが、本人を追い込んで、さらなるストレスを与えてしまう恐れがあります。

その人が好きなことについて話したり、リラックスできる環境を作ってあげるようにしてみてください。

それでも解決できそうにない時は、無理をせず、早めに専門機関に相談するようにして下さいね。

▼こちらの記事もおすすめ
「これなら子供も飛び起きてくる?」休み明けのグズリ対策|子ある日和
育児で疲れた脳に「マインドフルネス」。ストレスを減らすために集中させるモノとは?|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします