産後、頭痛・偏頭痛がひどくなった・・・原因と対策は?薬は飲んでいいの?

頭痛に悩む女性
もともと頭痛持ちがった人が、出産を機に頭痛が悪化したり、頭痛とは無縁だったのに産後に発症した人など、産後の頭痛に悩まされている人は多いと思います。
産後の頭痛に見られる多くは「偏頭痛」であり、我慢したり市販薬でごまかしても、改善されません。

私も、長女の出産を機に偏頭痛を発症してしまい、あまりの痛みに救急外来に行ったこともあります。
頭痛がひどくなると育児や家事に支障をきたしてしまい本当に辛いです。
そんな産後の偏頭痛の原因や、対処法について見ていきましょう。

産後の偏頭痛の原因

頭痛に悩む女性2
偏頭痛には女性ホルモンが大きく影響している、と言われています。
そのため、産後のホルモンバランスの変化や乱れによって、急に偏頭痛を発症したり、元々の頭痛が悪化したりするのです。

また、出産によって大きく歪んだ骨盤や、育児の疲れやストレスも頭痛の原因だと考えられています。
偏頭痛の場合、それが偏頭痛と知らずに我慢している人が多いですよね。
産後は、自分の事にかまう余裕はありませんが、たかが頭痛でと我慢せずに、偏頭痛ときちんと診断して貰うことが大切です。

産後の頭痛の症状

頭痛に悩む女性3
偏頭痛は、一般的な緊張型頭痛とは違い、右側か左側のどちらか一方のこめかみや眉間の辺りがズキズキと痛みます。
痛みは徐々にひどくなり、ドクンドクンと波打つのような痛みは、目を開けていられなくなる程です。
多くの人は、同時に吐き気を伴い、実際に嘔吐してしまう人もいます

偏頭痛の厄介な点は、市販の頭痛薬が効かないことです。
偏頭痛には偏頭痛のための頓服があるので、我慢せずに早めに脳神経外科を受診して下さい

偏頭痛になった時の対処法

薬
偏頭痛には偏頭痛のための薬がありますが、授乳中の服用はなるべく避けた方が良いとされています。
母乳から赤ちゃんへ薬の成分が送られてしまうからです。
そのため、痛みを感じたら症状が悪化しないうちに何とか対処をすることが必要です。

偏頭痛の時に大切なのは、とにかく安静にして患部を冷やすということです。
肩凝りなどからくる頭痛の場合は、軽く体を動かしたり、肩や首を温めると効果的ですが、偏頭痛の場合はそれは逆効果になるので注意して下さい。
偏頭痛になってしまったら、部屋を暗くして安静にして、保冷剤などで痛い所を冷やして下さい。
雑音も症状を悪化させる原因になるので、静かな場所で安静にすることが大切です。

頭痛は立派な病気です。
中でも、偏頭痛は特に症状の重い頭痛なので、ひとりで我慢をせずに早めに病院へ行き、適切な治療を受けましょう。

また、頭痛の改善には家族の理解も大切です。
旦那さんや実家のご両親の助けを借りながら、長い目で頭痛と向き合ってみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします