ママ友どうしの洋服のおさがり、あげるマナー、もらうマナー

子供の成長は早いので、あっという間に服がサイズアウトになってしまいますよね。

あまり着ていない服を捨ててしまうのはもったいないと思うのは当然です。そんなときによくあるのが洋服のおさがりをママ友同士で交換しあうことです。

しかし、いくらもったいないと思ってもあげた時に相手に迷惑だと思われたらいけません。もらう側はたとえ迷惑だと思ってもそれをなかなか口に出来ないのが現実です。では、ママ友に服をあげるマナーともらうマナーの両方を紹介したいと思います。

1.あげる側のマナーとは

子供服

あげる側が最低限守らなければいけないマナーがあります。あげてはいけない服とは・・

・シミがついている

・ボタンがとれている

・穴が開いている

・チャックが壊れている

・毛穴が出来ていたり、服がヨレヨレ

・一度でも履いた靴下、パンツ

などです。

いくら「着ないなら捨ててもいいよ」と一言そえたと思っても、このような服をもらった方は「古くなっていならくなったから処分したい服」をもらったと思ってしまいますよね。

あげるなら、1,2回しか袖を通していない、下着類なら一度もはいていないものをあげるのがマナーです。

2.もらう側のマナー

ハテナ

もらったときに迷うのはお返しをするかどうかですよね。

もらう側すべての人がお返しをしているわけではないのですが、どういう場合にお返しをするかが問題ですよね。

例えば靴下1足もらった場合はお返しはいらないでしょうし、ブランド物の高い洋服を何枚ももらったらお返しをするなど量で決めると良いでしょう。

ですが、もしお返しをしたとしても大げさにならない程度のお返しをする事が大切です。例えば、家族で食べられるちょっとしたお菓子、もし、旅行に行く機会があれば旅行のお土産などちょっとした気遣いが上手にママ友づきあいを行なう秘訣です。

お返しをするときも相手が負担にならない程度のものを大前提にお返しをするのが良いですね。

3.仕分けしないで適当にくれる人には要注意

赤ちゃん
中には大きな袋で大量にくれる人もいますよね。全ての服がきれいなら問題ないのですが、そういう場合は状態の良いもの悪いものをごちゃ混ぜにしています。家に帰ると大量の仕分けをしなくてはいけないのでかなり大変な思いをします。中には人からもらったものを捨てるのが苦手なタイプの人もいます。

もらう側もマナーは必要ですが、もらい方に気をつける必要がありますね。ママ友との人間関係につながるので慎重にやっていきたいところです。

このように、ママ友どうしのあげるマナーやもらうマナーを紹介しました。ママ友といっても最低限のマナーがあるので疲れてしまう事もありますね。これからの人間関係があるので、マナーを守りつつ上手に付き合っていけると良いですね。

▼こちらの記事もおすすめ
いらなくなった子供服・おもちゃを送って子供服を交換できるサービス|子ある日和
賢いママはやってる!お得に子供服の購入&処分する方法!|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします