大切なものに気づかせてくれた大好きな我が子

赤ちゃん

私には、2才になったばかりの娘がいます。

生まれたときから過敏なほうで、なかなか寝ない子でした。

おっぱい大好きで、おっぱいがない生活が考えられず卒乳を目指しています。なので、未だに授乳中。

一歳になってからはお昼寝の時間も少なくなり、自分の時間が少なくなりました。

家事はどんどんたまるばかり。

いつのまにか、すぐイライラするようになってしまっていました。

まだまだ小さい我が子に、「なんでもっと寝ててくれないの?!」なんてひどいことを言ってしまうことも。もしかしたら意味がわかっているかもしれないのに。

そんな自分にも、イライラ。

そんなとき、夫が風邪で寝込みました。

その日は、めったにない友達とのランチの予定。
子供を預かってくれる予定の夫が寝込み、泣く泣くキャンセルしました。

私は、めったにない自由になれるその日をとても楽しみにしていたのです。

それができなくなり、私のイライラはついに大爆発。

きついはずの夫が家事を手伝おうとしてくれているのに、「寝とけば?!お大事に!!」なんて…。

ひどいとわかっていても、止められませんでした。

夫が、「俺のことどうでもいいのか?!」と言えば、「どうでもいい!」と。

それで、けんかにならないはずもありません。結婚以来最大の大バトル!

そんななか、まだ一歳半だった娘が、
「あ!あったー!あったー!」とおもちゃをもち、
必死で自分に関心を寄せようとしていました。

あちこち走り回って、作り笑顔をしている我が子をみて、自分の愚かさを痛感しました。

子どもにも夫にも感情があるという、あたりまえのことを忘れていたのです。

猛烈に反省し、謝罪のうえ仲直り。

それからは、子育てをつらいだとかストレスだとかまったく思わなくなりました。

不思議なくらいです。愛しくて愛しくてたまらないです。

子育てが楽しく、娘が毎日少しずつ成長していく姿が嬉しくてかわいくて食べてしまいたいくらいです!(笑)小さくてまだなにもわからないような子どもでも、敏感に親の言動や感情を感じ取っていることを学びました。

そして、その小さなからだで一生懸命親を気遣うのだとわかりました。

ままもパパも、こんな小さな子供に気を使わせてしまったことを反省し、今ではけんかもほとんどありません。娘のあんな姿を絶対もうみたくないのです。

私たち夫婦は、娘を大切にしようという強い想いで繋がれています。

その想いは、相手への理解や思いやりにも繋がっているのだと思います。

最近、二人とも穏やかになってきたなぁとしみじみ感じます。

ありがとう、私たちのかわいい宝物。

[次の体験談]
なぜ?ある日突然、子供が歩かなくなったけど原因が分からない 2歳
[前の体験談]
2歳の息子に心からごめんなさい

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします