玄関のポストに差し出された、白い封筒の手紙

夜泣き

夜泣きの苦労は多く聞きますが、今回は2歳の女の子のお母さんが体験した夜泣きの経緯をご紹介します。

夜泣きが突然始まった

あれは子供が2歳になったばかりのことでした。一人っ子の娘は昼間はご近所の子供と公園で思いっきり体を動かして遊ぶ日々でした。まだ2歳なのでお友達とのおもちゃの取り合いで喧嘩になったり、泣いたり、転んで怪我をしたりと、親の方も他のお母さんたちとおしゃべりをしながらも目が離せない状態でした。

そんな毎日の中で突如始まった恐怖の夜泣き。2歳前後になると脳の発達が急速に進み、それが夜中の突然の激しい夜泣きの原因になることがよくあると、育児書には書いてありました。

あぁ、これがその夜泣きなのだと思ったのですが、必ず夜中の3時に目覚ましがかかっているかのように、ぱちっと目を覚まして大泣きが始まるのです。その泣き方は激しいなんてものじゃなく、まるで悪魔にでも追いかけられているのかというぐらいの大泣きです。

白い封筒の手紙が

もちろん古いマンションですから壁も結構薄いようでご近所には丸聞こえなはずです。泣き止むまでにだいたい小一時間はかかり、その間どんなにあやしても、大好きなしまじろうのビデオを観せても無駄でした。ただ時間が過ぎて娘が泣き疲れ、コテっと寝落ちるのを待つのみ。この時ほど無力さを感じたこはなかったですね。

そして1週間ほど夜泣きが続いた時に、ある日玄関のポストに白い封筒の手紙が入っていることに気づいたのです。そこにはいきなり殴り書きのような字で”毎晩お前のところの子供がうるさくで寝不足なんだよ!どうしてくれるんだ!だまらせろ!”と。

毎晩の夜泣きで私も極度の寝不足とストレスでボロボロの精神状態だったのに、そこへ畳み掛けるようにこんなクレームの手紙。本当にあの時の絶望感や恐怖心は今でも忘れられません。娘の夜泣きがご近所に迷惑をかけてしまったのですから。でもこんな書き方をされたらもうここには住めないとはっきりと悟りました。

[ad] ライフプランに関する簡単なアンケートに答えて総勢200名様にJCBギフト券プレゼント!

[ad] 上野動物園チケットをお得に!WEB購入なら600円→500円

夜泣きは3ヶ月ほどで終了へ

娘の夜泣きは結局そのあともずっと続き、3ヶ月ほどでパタリと治ったのです。でも匿名のクレームの手紙をもらっている以上、住み続けたくないという思いで隣町に引っ越しをしたのです。

子供の夜泣きは基本的に世間では理解されない事なのだと現代の子育ての難しさをひしひしと感じた出来事でした。

「夜泣きは理由が無い」と言われています。本当に仕方がない現象ということを常識として広めていきたいです。

このような辛い経験をされる方が少しでも減ることを期待したいですね。

▼こちらの記事もおすすめ
夜泣きの原因。もしかしてこれ?意外なものも|子ある日和
2歳・3歳の夜泣きは何かのサイン?その原因と対処法について。|子ある日和

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします