保育園からの呼び出しコールでまず最初に心配していたこと…

赤ちゃんとママ

[こそだて体験談|子供と仕事、どっちが大事?あるお母さんの葛藤]

結婚してから1年経った頃、待望の第一子が産まれました。

子供が大好きだったため、妊娠を期に仕事を辞めようかと考えましたが、経済的なことも考え仕事は続けることになりました。

仕事復帰をするためには保育園の待機児童問題を考え0歳時の4月の段階で入園する必要がありました。9月産まれの我が子は保育園入れる時にはわずか7ヶ月です。

育休期間はとても幸せで、こんな可愛い子を保育園に預けてまで働く意味があるんだろうかと悩む毎日でした。

そんな日々も保育園にいれる4月まではあっという間。

7ヶ月の息子は何がなんだかわからず泣きじゃくるということはありませんでしたが、私自身の胸が張り裂けそうな気持ちでいっぱいでした。

仕事と育児の両立は意外と大変だった…

そして私は仕事再開。前よりも自分の生活に制限がかかっている状態は慣れるまでに時間がかかりました。毎日意識するのは帰れる時間、迎えにいける時間。

息子を迎えに行って家に帰って家事をして、息子の相手をして…ヘトヘトでした。

それでもまだ赤ちゃんで可愛らしい息子が私にぴったりくっついてくれる姿をみると、こんな私を必要としてくれるなんて、と心底嬉しい気持ちでした。

最初に考えることが、子供の心配じゃないことに違和感を感じた

そんな中、一番辛かったのが容赦ない保育園からの呼び出しコール&息子の体調不良のオンパレードです。

この状況が続くと最初に私が頭をよぎるのが

会社にどう連絡しようか、どう調整しようか

きょうやらなければいけない仕事があるのに困ったな

という仕事のことばかり。

最初に考えることが、子供の心配じゃないという自分自身の親としての違和感で自己嫌悪を感じていました。

不器用な私だからなのか、働きながら子育てするのは本当にしんどく、「子供と仕事の評価、どっちが大事なのか?」と自分自身を疑いたくなる時間でした。

今となれば、もちろん答えはどちらも大事。そしてどちらも次元の違うもので、比べることではないっていうこと、冷静になった今ならわかることです。

そんな息子も今年で4歳

そんな息子も今年で4歳。ほとんど風邪をひくこともなく保育園の呼び出しコールも0。

彼に「保育園どう?」と聞くと「楽しい!」「早く保育園行きたい!」という返答。

保育園での生活時間が長い息子は、すっかり保育園大好きっ子になりました。

それでも最近「今日は何曜日?」と聞いてくるようになり、金曜日だよ、と答えると「わーいわーい、やったー!明日お休みだー!」と週末が分かるようになりました。

「保育園の日よりお休みの方がいいの?」と聞くと「うん!お母さんと一緒にいる日が良い!」と満面の笑みで言ってくれます。

子供はこれまでの私のことをどう見ているのかどう思っているのか、きっと大人になったときじゃないと答えはわかりませんが、今は今の時間を大切にすることが私のできることだと気付きました

最近は、お休みの日は息子と全力で遊んで過ごしたいと思っています。仕事に追われて息子が一番かわいいときを忘れないように。

(取材協力・まめつぶママ)

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします