大丈夫、そんなに慌てなくてもママはひとりじゃない。

赤ちゃんとママ

[こそだて体験談|誰かと繋がっていないと不安だった時期]

こんにちは、私は子育て中のママです。と言っても、うちの子は小学生になってすっかり手がかからなくなってきました。

一人で外を歩いていると、足早にベビーカーを押すお母さんを見かけます。

ベビーカーには砂場セットやおもちゃをたくさんぶら下げて。時には「○○ちゃんが待ってるかな?」なんて言いながら走るように移動するママさんも。

「あぁ、ママ友と公園遊びの約束でもしているのかな?」そんな風に微笑ましく見ているのですが、実は気になることもあります。

それは公園に向かうママさんの急いでいる様子です。

「公園に行かなきゃ」という不安を感じていたあの頃

わたしも子供がまだ小さかった頃によく公園へ連れて行っていました。いつも決まった公園で遊ばせていたので同じメンバーが集まります。

そして、毎日のように顔を合わせるのでどんどん仲良くなっていきました。それを繰り返しているうちに、ちょっと雨が降りそうな日も「公園に行かなきゃ」という気分になっていったんです。

ママ友達の輪に入っておかないと次会う時に話に置いていかれそうな不安があって…。

仲良しの絆がわたし達親子だけちょっと薄れてしまいそうな気がして…。

かといって「今日公園行く?」なんて連絡をするのも大げさな気がしてなかなかできず、一か八かで頑張って公園に通っていましたね。

今思えば誰のためにでかけていたのかななんて思います。

もちろん子供も外遊びが大好きなので喜んでいましたが、焦るような感情があったのは間違いありません。

そんなに慌てなくてもママ達はひとりじゃない

足早にベビーカーを押して公園に向かうママさんを見かけると、そんな数年前の自分を思い出して声をかけてあげたくなります。

もちろん実際には声をかけたりはしませんが、ぽんと肩を優しく叩いて歩く速度をゆっくりにさせてあげたくなるんです。

わたしみたいなママさんも中にはいるのかななんて思ってしまって。誰かと繋がっていないと不安な人もいるんじゃないかと思います。

子育て中は特に外との繋がりが少なくなりがちで、寂しくなりやすいと思います。

でも、「大丈夫だよ、そんなに慌てなくてもあなたはひとりじゃないからね」

そう言いたくなってしまうおせっかいおばさんでした。

(取材協力:おせっかいさん)


子ある日和読者プレゼント:高評価グルメレストランのクーポンを2組様に!!記念日やママ会に…

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします