「人を傷付けない優しい子供に育てたい」いじめられっこだった私がママになって思う事。

赤ちゃんとママの手
小さい頃から私の夢は結婚して自分の子供を産むこと。

そして、誰からも愛されて、そして何よりも人を傷つけない優しい子に育ってほしい
その願いを込めて育ててます。

私は7人家族で、5人兄弟の4番目
いわゆる、一番存在の薄い子
何かあればお姉ちゃんが褒められ
妹と一緒にいれば妹が可愛がられ
親戚の家に行っても名前すら呼ばれず

とにかく、誰かに認めてもらいたくて
毎日お母さんに手紙を書いて
毎日ダンス踊ったり、歌歌ったり、目立つことして構ってもらおうとした
中学高校でソフトボールに命をかけて
監督、仲間に認めてもらうために
毎日毎日練習して、友達には嫌われないように言葉を選んで会話した

こんなに練習したのに、引退試合では私のせいで負けたと言われ
監督にはチームの中でのお前の存在は腐ったみかんと言われ、
友達からはゴリラとか、ニキビとか、言われて
汚い…扱い

そう。私はいわゆるいじめられっこだった。

続きを見る→

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします