子育てママが就職をする際に準備すること心構え

1077_1
結婚して子供が産まれたけれど、まだまだ社会貢献をしたいと思う女性も多いことでしょう。
最近では子育てママの数も多く、社会的に認められるようにもなってきています。
しかし実際に子供を預けて働こうと思うと保育所の問題だけではなく、家庭状況に関しても様々な準備が必要となります。
今回は、子育てママが就職する際に準備しておくことと心構えについて紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。

1.一人で抱え込まない環境を作ること

1077_2
子育てママは仕事を始めてしまうと、どうしても自分一人で家事も育児も頑張ってしまおうと思うものです。
しかし始めから頑張り過ぎるといつかストレスが溜まり、身体も疲れて長持ちしません。
子育てママが就職する際には、家族の支援も重要となります。
まずは家事や育児に関しては夫と話し合い、なるべく協力して貰える様にします。
更には祖父母のサポートも非常に大切となります。
何か合った時にはすぐに保育園にお迎えにいけたり、具合が悪くて保育園に預けられない時には面倒を見て貰うこともできます。
必要とあらば子育て期間中と割り切って祖父母の自宅の近くに引っ越すことも考えましょう。

2.自宅へのアクセスが便利な会社を選ぶ

1077_3
自分のキャリアを活かしたい気持ちは分かりますが、子育て中は非常に頻繁に保育所から呼び出しがくることを覚悟しておきましょう。
子供はすぐに熱を出したり胃腸炎になったりします。
電話が来てすぐにお迎えに行くだけではなく、かかりつけの病院に連れていく必要もあります。
アクセスを考えるとやはり勤務地が自宅に近い方がより便利ですね。
立派なキャリアがあった場合、どこまでそれを活かす仕事を近くで見つけることができるかもポイントになるのです。

3.物事に優先順位を必ずつけること

1077_4
子供には想定外のアクシデントがつきものです。
生活時間が決まっている場合、その予定時間を軽く1時間はオーバーすることも考えておきましょう。
朝起きて十分に間に合うと思っていても、子供がちょっとぐずるだけであっという間にギリギリになってしまうことも多くなります。
何かをする際には子供のことを考えて、必ず1時間~1時間半は余裕を見ておくことが大切です。
その為には全ての物事に優先順位をつける習慣を身に付けましょう。
こなせなかった分はホワイトボードにメモをしておくと後から見直すことができます。

子育てママは時間に追われる毎日となります。
子供がぐずったり泣いたりするとイライラすることもあると思いますが、何をおいても子供が可愛いからこそ、こうやって毎日ママが仕事を頑張れるのだと思います。
社会復帰して、キラキラ輝く働くママさんをめざし、お互い頑張りましょう!

▼会社復帰を検討しているママさんへおススメ!▼
再就職どうしよう?子育てママが持っていると有利にな資格3選┃子ある日和

▼お仕事を探している子育てママさんにはこちらの在宅ワークもおススメ!▼


この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします