量より質!ワーキングマザーの子供との過ごし方

ワーキングマザー
平日は働きに出ているワーキングマザー。
平日の朝は、掃除・洗濯・朝ごはん作り・支度と大忙し。
子供と一緒に遊んでいる時間なんてありません。
また、職場から帰宅した後も、洗濯物の取り入れ・夕飯の準備・お風呂と、ほとんど座る暇もないほど忙しく動いていることでしょう。

しかし、日中は保育園で過ごしている子供にとっては、朝と夜は、唯一ママと一緒に過ごせる時間でもあるのです。

ワーキングママにとっての育児は「量より質!」
今回は、忙しいママが子供と楽しく過ごすためのノウハウについて解説したいと思います。

家事は子供と一緒に

家事は子供と一緒に
せっかく子供と一緒に過ごせる朝と夜の時間。
しかし家事に追われるママには、子供と遊ぶ時間はありません。
だからこそ、家事を子供との遊びとして取り入れてしまいましょう!
洗濯物のピンチは子供にはずさせる。夕飯のハンバーグの種は子供に捏ねさせる。など、料理や洗濯に子供の仕事を作ってあげると良いでしょう。

子供だって「お手伝いをさせられている」と思うよりは、「ママと一緒にご飯作り!」と思えた方が楽しいのです。
家事をしながら是非、子供とコミュニケーションを図ってみましょう。

お風呂の時間は大切に

子どもとお風呂
家事もせず、テレビもなく、子供とゆっくり過ごせるのはお風呂だけ。
つかの間のリラックスタイムを是非、有効活用してはいかがでしょうか?
保育園での一日を聞くのも良いでしょう。
またお母さんが仕事の愚痴をこぼしても良いでしょう。
お互いの背中を洗いあったり、お風呂で使えるクレヨンでお絵かきを楽しんだりしながら、お風呂の時間を楽しんでください。

寝る前の絵本は必須

絵本
子供が寝る前には必ず絵本を読んであげましょう。
ママの声を聞くことで、子供はリラックスし、また愛情を感じることでしょう。
子供が安心して早く寝てくれれば、お母さんも自分の時間を持つことが出来ます。
1 日最後のコミュニケーションの場として、絵本の時間を大切にしてみてはいかがでしょうか?

子供と一緒にいるときは、携帯・テレビは見ない

バツ
日中は仕事で不在。朝と夜は家事で大忙し。
その上、子供と遊べる唯一の時間に携帯やテレビを見ているようでは、子供が可哀想。
子供と接する時間は、子供だけを見てあげられるよう、なるべく携帯やテレビは消すようにしましょう。

休みの日は思いっきり遊ぼう

休みの日は遊ぼう
たまの休日は家族でゆっくり過ごすようにしましょう。
そして、親の用事で子供をつれまわすのではなく、子供にとって楽しい週末を過ごせるよう、心がけるようにしましょう。
そして、ご飯はなるべく家族全員でとるようにし、一週間の出来事を話すと良いでしょう。

まとめ

ただでさえ忙しいワーキングマザー。
朝も夜も家事に追われ、ゆっくりとする時間はほとんどありません。
またせっかくの週末は、自分の用事を済ませたい。そう思ってしまうこともあるでしょう。
しかし、子供だって保育園で毎日頑張っていることを忘れてはいけません。

朝の時間、夜の時間。そして週末。
子供と一緒にいられる唯一の時間を、少しでも良質な時間にする工夫をしましょう。
ちょっとした工夫だけでも、子供は親の愛情をきちんと感じ、安定した気持ちで毎日を過ごせるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします