小1の壁だけじゃない?小4の壁って?

小学校の通学路
働いているママは特に、働いていないママも小1小4の壁はとっても不安ですよね。
小1小4の壁ってなに??というママも多いかもしれません。意外と知られていない小1小4の壁についてご紹介致します。

1、小1の壁ってなに?

専業ママにはあまりなじみのない言葉かもしれない、小1の壁。

幼稚園や保育園を卒業すると小学生になりますが、小学生になったとたんに、今まで保育園だと夜の7時や8時まではどこも預かり保育が可能だったのに、小学校では帰宅が2時や3時、早いと12時や1時に帰ってきてしまうのです。

また、時短勤務が未就学児の保護者のみ対象という会社も多いことでしょう。

フルタイムで働くママにとっては頭の痛い問題です。学童保育が小学生の低学年にはあるのでパートタイムさんであれば問題なく預けられる場所はあります。しかし、保育園ほど面倒をみてもらえるわけではないので、そのギャップに悩むかもしれません。

小学生

2、小4の壁ってなに??

働くママは学童保育があるからと安心してはいけません。自治体が運営する学童保育は小学校3年生までしか預かってもらえないのです。

また受け入れていても、子供たちは4年生くらいになると塾や習い事で忙しく、自分のお友達が来ないから、という理由で学童保育に行かない子供も多いようです。

高いお金を払えば民間の学童保育もありますが、料金はとっても高く、ハードルが高い家庭も出て来てしまいます。

また、学童保育は過ごすスペースが狭く、のびのびと遊べる場所ではないことがほとんどです。小学4年生くらいになってくると、毎日学童保育で長時間過ごすのはけっこうストレスになる場合もあります。

男の子

3、小4には勉強面での壁も

小学校4年にもなると急に学力の面で差がでてきます。それは勉強内容も難しくなるためです。

また、中学受験をする為の準備も始まります。小3から受験の準備の塾に通う子供も増えているようです。

受験しないお子さんは塾などに行かないのでのびのびできる反面、学力で周りよりも差が出て心配になることもありますし、塾に行くお子さんは勉強面では出来るようにどんどんなりますが、部活やお友達と遊べないという不満が出てきてしまいます。

ママが仕事も家庭も両立出来て、お子さんもストレスなく、遊びや勉強ができる環境をいかに整えられるかが大きな課題です。

ランドセル

4、小1小4の壁を乗り切るには

仕事をフルタイムで続けるなら、事前の情報収集が肝心です。どのような学童保育があるのか、スタッフは適切かなどです。新たに新設される学童クラブもありますから要チェックです。

収入との相談ではありますが、民間の学童を利用してみるのも手です。民間は高い分、習い事や勉強を見てくれるところだってあります。

また、地域の人と仲良くなり、子供をちょっと見てもらえる人を探しておくといいでしょう。

せっかく働いているのに泣く泣く仕事をやめてしまうのは、かえってママがストレスを抱えて家庭内でも笑顔がへってしまいます。

あの手この手で乗り切って、時間がある時は数分でも子供と向き合うように努力すればなんとか小1小4の壁も乗り切れます!

子供や旦那様と普段からいろいろコミュニケーションをとっていれば、ワーママも専業ママも壁を乗り切れるでしょう。

そのための情報収集は早め早めから行いましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします