ワーキングママのタイムスケジュール~派遣社員Tさんの場合~

1697
4月も半ば!いよいよ会社復帰されるママも多い時期ですね。
今回は、忙しく働くママのために、先輩ママさんの時間節約術や役に立つ情報をお届けしたいと思います!
是非参考にしてみてくださいね。

———————————————-
Tさん
派遣社員 9:00~16:00勤務 残業なし
2歳の息子さんをもつワーキングママ の場合
———————————————-

5:30  起床、布団の中でぼんやりとやることを確認
5:40  夫のお弁当作り、洗濯乾燥機のスイッチを入れる
6:00  夕食&朝食の準備
6:20  子供と一緒に朝ごはん
7:00  子供と自分の身支度
7:30  布団をあげる、おもちゃの片づけ
7:40  保育園へ出発→私はそのまま会社へ

9:00~ 仕事
16:00  仕事

16:40  保育園にお迎え
17:00  帰宅(買い物したり、病院に寄ったりして少し遅くなることも)
17:20  着替えて夕食の準備開始
18:00  洗濯物をたたみつつ息子と遊ぶ

18:30  子供のご飯(夫が遅い日は、私も一緒に食べます)
19:15  子供のお風呂(夫が19:00ごろ帰宅するので、親子で入ってもらいます。遅い日は私が入ります)
20:00  夫とご飯(息子は果物などデザートを一緒に食べます)
20:30  子供のねかしつけ(だいたい30分くらいで寝ます)

21:00  自分のお風呂、食器洗い、翌日の食事の下ごしらえ、保育園の準備
22:00  自分時間→就寝

ポイント1.料理はまとめて
1697_2
疲れた日はお惣菜等を買うこともありますが、できるだけ家で作ったものを食べるよう心掛けています。
もともと料理は好きなのですが、毎日となるとなかなか大変なので、保存のきく常備菜をいくつか作り、数日に分けて食べるようにするのがポイントです!
また、市販のレシピブックを参考にし、使いまわしのきく「素」を作って冷凍しておくと、毎日の負担が減りますよ。
家族に好評なのは、鶏ひき肉&たっぷりのみじん切り野菜で作るそぼろ!
・そのままご飯に乗せて食べる
・豆腐と一緒に炒めて煎り豆腐
・潰したじゃがいもに混ぜて、衣をつけてコロッケ
・溶き卵と一緒に開いた油揚げの中に入れ、袋煮にする
などなど、色々アレンジできます。

ポイント2.無理のない範囲で家族を巻き込む
1697_3
夫はもともと自分が家事をするという自覚が薄く、また料理などもほとんどできません。勤務時間の関係上、保育園の送り迎えも難しいです。
「週の半分は夫がご飯を作ってくれるんです」「洗濯は夫の担当です」などという話を聞くと、正直羨ましくなります。
ですが、それはそれと割り切って、本人のできる範囲で家事をお願いするようにしています。
幸いなことに子供が好きなので、早く帰れた日はお風呂を担当してもらったり、私が料理をしているときは一緒に遊んでもらっています。
「外で一生懸命仕事をしている分、家でゆっくり休んでもらう」ことに重点を置いてからは、逆に色々と手伝ってくれたり、感謝の言葉をかけてくれるようになりました。

ポイント3.気にしない
1679_4
毎日忙しい中で、「○○できなかった・・・」「××したかったのに・・・」などと思うこともたくさんあると思います。
小さなことであっても、それが積み重なると、普通であった日々でも憂鬱なものになってしまいますね。

私は一日の終わりの自分時間に、好きな飲み物を飲んだりして「ま、いいか」と切り替える癖をつけるようにしています。
家族がいつもニコニコと過ごせる幸せを感じながら布団に入ると、翌日も頑張れる気がするのです。

毎日大変かもしれませんが、毎日キラキラ輝くママでいたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします