ワーキングママは大変?上手なスケジュール管理で楽しく両立を!

ゴールデンウィーク明け、4月のお試し保育期間を終え、いよいよ会社復帰!
そんなママさんが一番多い時期なのではないでしょうか。

「保育園で泣かないかな」「寂しくないかな」「ちゃんとご飯食べれてるかな」と子供の事を心配する一方、
「長期のブランク。体がついていけるかな」「受け入れてもらえるかな。」「早退ばかりで迷惑かけないかな」など、仕事の事も心配で不安な気持ちになっていませんか?

けれども、不安な気持ちでいてばかりではうまく行くものもうまくいきません!
是非、自信をもって、前向きな気持ちで会社復帰してくださいね。

今回はワーキングママとして仕事も育児も家事も上手にこなす方法をご紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

1.ワーキングママの心得って何があるの?
1955
出産後に働くワーキングママになると大変!というイメージがありますが、スケジュール管理を上手に行えば全く大変ではないですし、上手に気分転換ができるようになりますよ!
まずワーキングママになる場合の心得を幾つかリストアップしておくと働きやすくなります。
家族の協力は必須になるので、パパやご両親など子育てに協力してもらえるよう話し合っておくことは重要になります。
また、子供が病気した時の対策方法など、病児保育をしている保育園など見つけておくといざ子供が病気した時に預けることができるのでおすすめです。
保育園へ通い始めると免疫力があまりない時期の子供は病気を沢山もらってくるので病気になった時の対処方法は職場にも伝え、しっかりと準備しておく事が必要ですね。

2.家事の分担をあらかじめ決めておくこと。
1995
女性は必ずしも家事が好きというケースばかりではないですし、苦手な方もいらっしゃいます。
お料理は好きだけど掃除は嫌い。洗濯は好きだけどアイロンがけは苦手など得意不得意はあるので、まずはご主人と家事の分担を決めておくことは重要になります。
女性が全て家事を行うのは、仕事と子育てとの両立を行う場合、相当大変です。
毎日一から料理をするのは大変なので、休日にまとめて料理して冷凍保存をしておく、などの工夫や、上手にお惣菜を取り入れたりして上手に調整ができるといいですね。
まずは家事の分担をはっきり決めておくことで後々にも影響でてきますし、最初が肝心なのでご主人にハッキリ伝えておきましょう。

3.「ま〜いっか」と軽い気持ちを持ちましょう。
11995_3
ワーキングママの場合、頑張り屋さんで完璧主義を求める方も沢山いらっしゃいます。
子供が生まれる前は全てスケジュール通りにしないと気が済まないと感じることもあったでしょう。
ですが子育ては予想通りにはいきませんし、突然、子供は熱が出たり風邪をひいたり想定外のことも多々起きます。
なので、ワーキングママを選ぶのであれば、柔軟性を持ち、臨機応変に対応できることが必要となります。
「ま〜いっか」と軽い気持ちで過ごすことでバランスよく過ごすことができますし、優しい気持ちになれますよ。
スケジュール通りにはいかないことが多いので、まずはママの心に余裕を持たせることが何より重要ですね。

復帰した子育てママさん。肩の力を抜いて、気楽に頑張りましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします