職場でも必要とされて、家族にも愛される!~理学療法士のワーキングママのモットー~

子育てをしながら毎日仕事もバリバリ!
とっても充実した毎日を送られているワーキングママさんって、憧れ♡

仕事と子育ての両立は大変な事もあるけど、ママでありながら仕事ができる事ってありがたい事ですよね。
今回は、30代で3歳の娘さんをもつ、理学療法士Mさんの仕事と子育てを両立するモットーについてご紹介したいと思います。
是非参考にしてみてくださいね。

1.仕事をしている姿を絶対に見せない
2040
仕事の都合上、自宅に持ち帰らなければならない仕事がありますが、家族が起きている時間帯には絶対にやらないことにしています。
ただでも私がフルで働くことにより家族に負担をかけているところもあるので、せめて自宅では絶対に仕事をしている姿を見せたくない。そういう気持ちで、自宅での仕事がある時は早朝の家族がまだ起きる前にやるようにしています。

2.朝ごはんを大事に!家族のコミュニケーションの時間
2040_2
朝食は豪勢に出来立てを家族揃っていただきます。
普通の家庭では夜ご飯をメインにまた豪華にしている場合が多いと思いますが、我が家は家族が揃う朝ご飯をメインと考え、ボリュームのあるもので、作り立てを必ず家族揃っていただくようにしています。
夜ご飯は普段からストックしてある食事などを上手く使い、時短料理で済ませます。

毎週土曜日の夜にまた一週間分の作り置きできるものをまとめて作って冷凍庫にいれます。
その時は必ずどんな形でもいいので娘にも手伝ってもらうようにしています(簡単な作業)ここの時間も子供ととれる大切なコミニュケーションの場だと考えています。
夫が居るときには必ず夫にも参加してもらうようにしています。
三人で共同作業して作った食事はより美味しく感じるのです。

3.休日は家族の時間を思い切り楽しむ
2040_3
休日は少し早起きして、必ず朝のうちに掃除や洗濯と、一週間分の汚れを一気に落としてしまいます。
家事が終わったあとは、お待ち兼ねの家族で思い切り遊ぶ時間です。
近場の公園で遊ぶこともありますが、少し足を伸ばして大きな公園や海のある場所まででかけることもありますが、とにかく日曜日の午後は子供のためにも夫と自分自身のリフレッシュのためにも思い切り遊びます。
お天気がいまいちな時はショッピングモールや都や区の施設を利用させてもらうこともあります。
とにかく子供が何をして遊びたく、どんな場所へ行きたいのか、子供中心の日曜日の午後を過ごします。

4.日曜日のお風呂タイムはリフレッシュ!
2040_4
日曜日の夜は子供のお風呂を済ませてから、今度は夫と私のお風呂タイムを一時間づつ、交代でそれぞれがお風呂タイムを楽しみます。
そこだけは子供に呼ばれても、お風呂に入っていない方が対処してくれると決めていて、お風呂の中で本を読むのもよし、ぼ~とするものよし、とにかくお風呂での一時間を思い切り楽しんで、また一週間がんばろうという気持ちに切り替えます。

この4つの決め事で職場でも必要とされ、家族にも必要とされ愛されてワーキングママとしてとっても幸せに働けているように思います。

是非、皆さんも自分の中のモットー決めてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!してね!

最新情報をお届けします